新着Pick
163Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
16ナノアンペアで無線通信ができることに驚きですが、それは別件なので置いておいて。

生きた生体の化学反応を用いると、基本的に無尽蔵でエネルギーが供給されるので、そのエネルギーを盗電するシステムが確立すれば、なんとも香ばしいですね。汎用性も高い。あとは蓄積するデバイスの小型化などに関する課題なのでいずれは解決しそう。

ただ、カリウムイオンなどの電解質が膜の内外で変化するときに蓄積される電荷を盗んでしまうことが、その生体反応に影響を与えてしまうのではないかと私には単純に疑問です。その電荷、使おうと思ってたのに!と、例えば、筋肉の成長が止まってしまえば、それはそれで本末転倒になってしまう。

最近はキノコ(https://newspicks.com/news/3446165)で発電したり、涙(https://newspicks.com/news/3391572)で発電したりもされています。あとおしっこや唾液で微生物を活性化させて発電するシステムもありますが、その発電菌なるものの発酵反応(https://newspicks.com/news/2368688)によって、その状態が変化することも報告されています。

生体反応から電力を取り出すことは比較的容易そうですが、その反応前後の状態を見てどの程度発電を継続できるのか、あるいは補助的に対策が必要なのかまで考慮して次なるステップへ進めて頂きたいですね。
通信できるほどの電力をためるのは大変そうですね...

細胞膜内外のイオン濃度勾配(電位差)があれば良いなら、植物でもできないでしょうか。
https://newspicks.com/news/3334388/
虫にかじられたら農場主のスマホに助けを呼べたりして。
今回の電池に似た仕組みなのは、リチウムイオンイオン電池。これは、散々newspicks で特集されている通り、リチウムイオンをあっちにやったり、こっちにやったり。イオンが移動すると、電荷に偏りが生じる。そこに回路を繋げると、電荷の偏りを解消するために、あっちからこっちに、リチウムイオンの代わりに電子が移動する。これで電気が流れる。

細胞は普段何をしているのか?に関してはこちらが分かりやすい。
https://pdbj.org/mom/118
ATPが仕事をして、ナトリウムイオンなりカリウムイオンをあっちにやったりこっちにやったりしている。

ここで生じた電荷の偏りを、上手いこと使った、という報告のようですね。

専門外の分野だから、査読前の論文読んでも、真偽とかレベル感はよくわかんないや。カエルの卵であるところに意味がありそうだけど、それも、知らない。原理的にはシンプルで面白い。

個人的には電極を細胞に刺すのは怖いので、それよりかは、僕の体温とか歩いている時の振動使って発電してほしいな。
「卵充電」
興味深いですね。本技術により「患者の体内で活動し、外部電源に頼ることなく体内で再充電が可能な顕微鏡スケールのロボットや医療機器を設計すること」を目指すとのことです。
(コメントにコメントしてすいません。)

>"ガルバニ電池の発見がカエルの脚の実験からだし、それとの関連でカエルの卵使ったんかな"

本記事の研究はイタリアですが、ガルバ二もイタリア、そして、電圧の単位ボルトに名を残すボルタもイタリアです。🇮🇹
人間が機械の為の「人間電池」と化す映画「マトリックス」の世界
自然法則の高度な利用こそ発明とはよくいったものです。すごい。電気ウナギと同じ原理てのがまた分かりやすい。
微量な電力ですかねー
パソコンの充電は難しそう笑