新着Pick
12Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
煽り記事ですね〜!全国にプログラミング教育を学校に普及する活動をしている側から、この記事の補足をしたいです..!

>例えば、プログラミング体操。ラジオ体操のように決められた動作をテンポに合わせて順番に実行するのは、プログラムの順次実行と同じ。だからプログラミング的思考を養うことができる、という理論のもとに作られた体操だそうです。煙に巻くような話ですよね(笑)。

→問題は、コンピュータを使わずにプログラミング教育やってると勘違いする先生がいるかもしれないということです。
たしかに学校現場ではコンピュータを使わないアンプラグド方式でプログラミング教育導入がされています。
皆さんご存知の通り、学校の先生はICTスキルめちゃくちゃ低いので、「あ、アンプラグドなら出来そう」ということで導入としてこのような順次を体験させる授業をする先生も多いです。

プログラミング教育=プログラミング的思考を育む=アンプラグドで終了でいいんじゃね?

ってなってしまっています。コンピュータに触れずにプログラミング教育やってる!という学校が出てくる恐れがあります。

>現役のエンジニアの皆さんにはぜひ、今の日本のお遊戯的なプログラミング教育に対して、「これはプログラミングではない」と声をあげていただけるとうれしいですね。
→これは逆もしかりで、エンジニアの方はプログラミング教育がどういうものかちゃんと理解してから意見をいってほしいのが本音ですね...
学校教育のことがわかって、エンジニア(プログラミング)もわかる人って中々いないんですよ..

いずれにせよ、日本がプログラミング教育に踏み切ったのはいいこと!
どうやったらよくなるかポジティブに考えていきたいですね!