新着Pick
102Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「同社の8~10月期は、好調な「オールドネイビー(OLD NAVY)」「アスレタ(ATHLETA)」そして「バナナ・リパブリック(BANANA REPUBLIC)」に支えられ、売上高は前年同期比2.1%増の39億1900万ドル(約4389億円)、営業利益が同3.9%減の3億6300万ドル(約406億円)」とのこと。日本は「ギャップ」がメインでいつもセールしてるイメージなので、意外です。「18年、同社は「オールドネイビー」と「アスレタ」を中心に109店舗を新規開店し、「ギャップ」と「バナナ・リパブリック」など56店舗を閉鎖した。」とのことで、ブランドのポートフォリオ管理がきちんと出来ているんですね。好調なブランドと不調なブランド両方のKPI見ることが出来るので、不調ブランドの見切りもやり易いですね。
GAPの不調を、好調で新規出店も増やしているオールドネイビーとアスレタで支えているという内容。

日本では昨年までにオールドネイビーの全店舗が閉店したので、グローバルとは少し様子が違ってそうです。
GAPはお店によって好不調があるという事。GAPを閉店して跡地にオールドネイビーなどを出した。とは書かれていないのでおそらく違う場所で出店してるのでしょう。フィジカル店舗は出店地というのがとても大切なのですが、まだECも伸びているという事なのでGAPというブランド自体が消費者にとって地に落ちてるわけではないので、まだ余地はあるのでしょう。

また、中途半端に安いというブランドはその商品に価値を見出せない限り比較して安いものを買うというのは普通の心理だと思うのでGAPの競合は自社のオールドネイビーなのかもですね。
GAPはもう一回り店舗数を縮小しても良さそうだ。