新着Pick
81Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Instagramの共同創業者、Kevin SystromとMike Kriegerに引き続き、Oculusの共同創業者もFacebookを退職というニュースです。
買収された企業の創業者の行く末が、今後のFacebookのM&A戦略にどのように影響するのかが気になります。

WIRED: 退任するインスタグラムの創業者2人は、「完璧なタイミング」を狙っていた
https://wired.jp/2018/09/29/instagrams-systrom-krieger-exit-facebook/
単純にロックアップが切れたから辞めてるのだとw 後、製品やサービスが成熟してくると情熱的な起業家の時代から、しっかりと管理された大人の時代へ変わっていく。皆んな、やることがなく無くなったんだと思うな
創業者は皆カリスマなので買収した側の企業運営としては難しくなることもあると思いますが、しかしカリスマが消えるとサービスの輝きが消えたように感じることも。それは特に社内から感じられるのではないでしょうか。
Facebookの傘下企業で経営陣の再編が続いています。
「9月には、Facebook傘下で写真共有アプリを手掛けるInstagramの共同創設者であるKevin Systrom氏とMike Kreiger氏が、同社を退職すると発表した。WhatsAppの共同創設者であるBrian Acton氏とJan Koum氏も退職しており、Oculusの共同創設者であるPalmer Luckey氏も2017年にFacebookを離れている。」

【インスタグラム創業者2人が辞任 退社後は「休みを取る」】
https://newspicks.com/news/3338225
Facebookが傘下に収めた会社について、最近相次いでいる共同創業者の退任にもう一人加わった形。
まあ普通ロックアップが終わったら辞めますよね。
幹部のFB離れが加速しているようにも感じる。