新着Pick
478Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
個人的に「やりたいことよりも貢献できることを突き詰めよう。すると、必ずそれが好きになる」という考えを持っているので、今回の話は特に心に沁みました。
アメリカの研究論文か何かだったと記憶していますが、人が本質的に幸せを感じるのは、お金でも地位でもなく、人とのつながりだそうです。

なので、人に必要とされる仕事をしているという実感を持てることは幸せです。結果的にそんな仕事を好きになれると思うんですね。

好きな仕事をしようという姿勢は、時として食わず嫌いになってチャンスを逸しているのかもしれません。

3回にわたる連載、田中さんの連載に負けず劣らず楽しく読ませていただきました!!
すごいNo.2。ここまで言わせる田中さんがすごい。
==================
実は、田中の特徴を人から聞かれたときによく使うフレーズがあります。「普通の人と比べるとネジが1本飛んでしまっている、良い意味で。発想力と行動力が並外れていて躊躇(ちゅうちょ)しない」
だから私の役目は「田中のビジョンにどう現実をアジャストさせるか」なのだと思っています。自由奔放な優れた特性を殺してはなりません。
"「オレたちってもう、普通の平穏な状態は退屈で耐えられない体質になっちゃったよね」'
この感覚は仕事をする上ですごい大事ですよね。常に獲物を狩り続けるハンターのような。緊張感や高揚感はなかなか味わえません。
ここ数年、マンデイトという言葉が頭から離れない。使命感とでも言おうか。
元は、神戸大学の経営学者、三品教授の本に出ていて、経営者の良し悪しを分ける大きな要素として出てきた。企業を大きく育てたり転換させた経営者は「これをやり切らないと」という使命感のもとに大きな意思決定をしている。

好きだからやり切らないとと思える人もいれば、修羅場だったり必要とされるからやり切らないとと思える人もいる。きっと奥野さんにとっては後者で、それが銀行での原体験だったのだと思う。
そして、組織は好きじゃないとやれないこともあるし、好きじゃなくてもやらなくちゃいけないことがある。本当はある人の好きと別の人の好きがバランスして、全員が好きだといいのかもしれないが、世の中そんな上手くはいかない。
そのなかで好きでやり切れる人と、必要だからやり切れる人、両方が組織には必要だと思う。両輪が互いにできないことを認識して、そこが相互にリスペクトがある組織は、良い組織だと思う。
民事再生の道を選択せず「画期的な再生を実現する」という理想に燃え、「銀行に1円のロスも出させずに正常化を果たしたそうです。

奥野さんの苦悩は「あえて振り返ってみようとしても、いつも一歩先のことで頭の中がいっぱいなので……何も感情が沸いてこないですね。たぶん感じようとするとあまりにもつらすぎて死んじゃうから」という言葉が物語るように、凄まじいものだったと思います。

精神的、肉体的苦痛を乗り越えての再生は、まさに画期的です。
元スタバCEOの岩田さんは、「好きなこと」「得意なこと」「人の役に立つこと」この3つが重なることを人生のミッションとすべし、と説いています。これには私も非常に共感していて、この3つはつまり、WILL、CAN、MUSTであり、その重なり合いの領域を広げることが重要だと思っています。

しかしながら、誰しもこの3つが重なり合っている状態からスタートできるわけではありません。往々にして、周囲から求められるMUSTが大きく、CANが小さい。ですから、キャリアのスタートはCANを広げることが重要です。

加えて、モチベーションタイプとしても、どの要素が自分を奮い立たせやすい要素であるかを知っておくべきです。「好きなこと」を追求するタイプなのか、「得意なこと」から開花するタイプなのか、「必要とされること(人の役に立つこと)」から一生懸命になれるタイプなのか。

こうした自身のモチベーション特性に合わせて、役割や仕事の進め方、マネジメントを変えることがポイントだと思います。
仕事に関して「何がしたいですか?」は

・何をして社会に貢献したいですか?
・誰にどんな価値を提供したいですか?
・何をもって覚えられたいですか?(ドラッカー)
・どんなスキルを磨きたいですか?
・何をして金を稼ぎたいですか?

などの質問に置き換えられると思います。仕事であれば、金を稼ぐ・給与を得る必要がありますので、必要とされるかどうかは自然と内包されているものですよね。
最後の黒子も発信する時代には共感!

自分はナンバー2タイプだとか言っている場合ではない。

>意地でブログを毎日更新し、ツイートしまくっています(笑)。スタッフに発信を奨励している手前、私が率先してやらないと示しがつきません。
個人の強い発信力が会社にパワーを与える時代に変わってきているので、もはやカリスマとか黒子とか言っている場合ではありませんね。
今日まさに歩きながら考えてたことです。
好き嫌いや、儲かるかどうかで仕事探すといろいろ大変なときにのりこえられない。
自分が重要だと思えるかを軸に、その中に楽しいとか儲かるとかは入れてもいいかなと。

優先順位が大事じゃないかと思いました。