新着Pick
726Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
インスタの独立性をどこまで認めるかの闘争と、それをめぐる人事のさや当て、という超あるあるな話がテッククランチで詳しく報じられています。
https://techcrunch.com/2018/09/24/instagram-founders-leave/
Facebookが買収した6年前は「従業員数名で売上ゼロの写真共有アプリに、なぜFacebookのM&Aで史上最高額となる10億ドルも出すのか」という風潮でしたが、今となればとんでもなく安く感じます。投資センスが抜群ですね。
シリアルアントレプレナーになるのでしょうかね?(*´꒳`*)✨

イスラエルでは、数社起業することはどんどん増えていて、バイアウト後数年の捕虜期間を経て、1年心を休ませて、また起業する...と。

何はともあれ、お疲れ様でした(*´꒳`*)
共同創業者のシストロムは34歳、クリーガーは32歳。まだまだチャレンジし放題。
Facebookの買収案件として大きいのはInstaとWhatsApp。どちらも今も独立サービスとして運営されているが、両サービスともトップが結局辞めることになっている。
Instaについても海部さんのリンクを見る限り対立があった模様。WhatsAppについては元々広告モデルを嫌っていたこともあるが、今は反Facebookの象徴的存在ともなりつつあると思う(①)。そしてWhatsAppの方は収益化に本腰になりつつある(②)。
https://newspicks.com/news/2995904
https://newspicks.com/news/3216555
まあやりきった感はあるよね
インスタグラムがここまで成功するのは思いませんでした。どのぐらいの勝算があったのか改めて聞いてみたいです。さてどんなセカンドステージを歩むのか。マイクロソフトのビル・ゲイツ氏のように社会貢献の道を歩むのでしょうか。アリババのジャック・マー氏はビル・ゲイツ氏を強く意識しているとも伝えられます。グーグルに買収されたユーチューブの創業者3人の消息はあまり聞きませんね。
開発期間はわずか8週間。サービス開始からFacebook社が10億ドルで買収。今思えば超格安の買い物。サービス初期から使い続けていた自分としては感慨深い。そして今は、高齢の母が毎日風景とか花の写真をupするインスタグラマーになり、人生の生きがいを与えていただいておりますw ゆっくり充電して、次のサービスをうみだすのが楽しみです!
インスタの運営方針でザッカーバーグとの溝が深まったとの。買収から6年たったので、徐々に独立性も失われてきた。買収当初と比べるとグループ内でのインスタの重要性が上がってきたのも原因だと思う。まだ2人は30代前半で若い。次の挑戦に大期待!
こういう生き方は当然ありです。
まずは自由を謳歌し、ひと段落して
何か思いついたら、また面白いことを
はじめてほしい。