新着Pick
1013Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ブランディングの事例として非常に学び多い事例

・機能ではなくストーリーを伝える
・顧客の要望全てに応えようとしない
・技術者の信念を掘り起こした先にブランドのヒントはある

コモディティ化はストーリーの力で乗り越える。
ストーリーを築くためには、社内資源と向き合うこと大切。
>近寄りがたい。分かりやすくないけど、すごい。だからかっこいい

これって、3000円だと出す人が多いと思います。
1万円だと買わないでしょうけど…😅
0.3が欲しいですが、定価で販売しているのを見たことありません。文具店だと予約待ちという状況が続いています。
シャーペン派の私としては欲しい1本です。今からネットで購入します。こういう商品こそ、Made by Japan です。
300円かと思った。でもすごいね。ちなみにうまい棒は商品特性から10円と言う価格を動かせないので小麦価格などが大幅に動いた時には長さで原価を調整するそうです。
あまりにも入手困難で忘れていました。
部品点数が極めて多いので製造が難しそうですね。
近所の文房具屋に卸されるくらいになったら買います!
>オレンズネロ(0.3ミリ)を1回だけノックして、どれだけ文字を書けるか実験したものだ。飯塚さんが約1万字、途中でノックすることなく書き切った。

シャーペン使う機会がないのに、欲しくなってきました。よし、買いました。そうそう、プレゼントに最適ですね。
今、アマゾンで見てみたら0.3の方はプレミアがついて販売されていますね。記事読みましたが、これだけのストーリーがあると確かに使ってみたくなります。
ぺんてる株式会社は、東京都中央区日本橋小網町に本社を置く、大手文具メーカー。創立は1946年。旧称は大日本文具株式会社。現社名の由来はpenと伝達の意味を表すtellを合成した造語(ペンで伝える、といった意味)で、1971年に社名変更。しかし、元来の意味はペインティングとパステルの造語であり、同社が送り出した新開発パステルの商標であった。 ウィキペディア