新着Pick
1391Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
カリスマ創業者がSNSでダイレクトに情報発信して、それにより時価総額が数千億円・数兆円変化するという、究極の個の時代を最も象徴するイーロン・マスク。テスラの株価の殆どはこれまでの彼の実績への信頼と今後への期待で出来ている。オールインの勝負に4-5回勝てると、人類史に名を残す人物となるけど、テスラはその3-4回目の大勝負。是非、なんとか踏ん張って後々振り返った時の人生の句読点の1つでしかないくらいにまで突き抜けてほしい
イーロン・マスクは今後もテスラの舵取りを担えるのか──そんな不安を高めるきっかけとなったニューヨーク・タイムズの記事の全文翻訳。
投資家を困惑させた「テスラ非上場」ツイートを受けて、イーロン・マスクの精神状態を疑問視する声もありましたが、インタビューではかなり追い込まれた様子が浮かび上がってきます。
会長兼CEOという激務をマスク一人が背負いこむことの限界については周囲の人たちも認識していたようですが、ここまで本人が追い詰められたのは外野からのプレッシャーだけでなく、彼を世界指折りの起業家へと駆り立てた野心と、自他に対する高い要求の裏返しのようにも思えます。
記事を読んでいて、創業年と上場年に2回、倉庫がトラブって倉庫に5連泊したのを思い出しました。。
仕事柄、倉庫トラブルもシステム障害も経験しましたが、倉庫や工場トラブルのほうが問題解決の難易度は高かったですし、イーロンはその何百倍もの規模の問題を抱えていると考えると想像を絶します。。
ちなみに今のテスラに必要なのはイーロンの代わりに工場で陣頭指揮を執って生産地獄を解決できるNo.2であって、シェリルのようなタイプではない気がします。
無茶苦茶で色々、問題があるとは思いますが、それでも起業家にとってのヒーローにである事には変わらないので、ぜひこの壁を乗り越えて欲しいです!
大変だろうなあ。私の場合は何があっても睡眠優先なのでこうはならないけど、ある意味ゾーンに入ってるというか。まあいずれにしても正念場。
イーロン・マスクの壮絶なインタビュー。これが世の中を変えるってことか… 長いけど必見。凄いよ… 週120時間働いて、2001年から1週間以上の休みはマラリアにかかった時だけ。睡眠薬なしでは眠れない。壮絶すぎる。このインタビューを受けた意図は何だろう?精神的に弱りきってる。何とか乗り切って欲しい!
それでもイーロン・マスクを応援する理由はたくさんあります。イーロン・マスクが描くクリーンエネルギーのエコシステムのグランドデザインが「もっと暑くなる」地球を救うと信じています。
得意でないこともやらなきゃいけなくなってきたのかな…人生にはいろんな局面があってマスクにだって厳しい時期もあれば楽しい時期もあるはず。乗り越えて、数年すれば「あの5年は」って笑って話せるようになると信じて前に進むしかないのでしょうね。(そりゃマスクほどの重圧は負ったことないけど。)

帰国便に向かうUber Poolの50代と思しき同乗者が「僕は今日テスラを受け取りに来たんだ!黒いやつだよ。妻が色は選んだんだ!」とどうしても言いたい!という風情ではしゃいで話しかけてきました。車じゃなくテスラってわざわざ言いたくなるような良い大人ですらワクワクさせるもの作ってるんだな、って改めて思った瞬間でした。
これほど率直なインタビューは珍しい。孤独感と苦悩に満ちています。
先週話題になった、マスク氏のNYTでのインタビュー記事の日本語訳。英語版(①)と併せて見ていただきたい。②はその反響についての記事で、ここでもコメントが多く集まっている。
https://newspicks.com/news/3252101/
https://newspicks.com/news/3253064/
奥が深い。カリスマ経営者はとくに言葉に敏感でなければならないね。
420は隠語でも使われている。知らなかった。
中国では404という言葉はよく使われている。インターネットに掲載した記事、コメントが見えなくなるという意味。語呂合わせがあったわけではなく、見えなくなると、数字の404がかならず出る。意味不明だが、抹消されたとすぐわかる。
国によって使っている数字が代表している意味も違ってくる。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。