新着Pick
303Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
国内市場が急速に縮小していることに対応して、海外展開ということですね。

何となく申し訳ないような気がしますが、合法で需要があれば他国の会社が必ず参入します。

喫煙も地域文化の一つと考えるべきなのかもしれません。
グローバル化が加速してる
日本の市場縮小は今に始まったこっちゃありませんし、JTの海外展開も90年代後半に始まってますから。すでにEBITDAの60%以上は日本国外で稼ぐマルチナショナルコーポレーションですから。昨年ぐらいから弱点であったアジア市場での買収により注力するようになりました。
JTのインターンに参加した時、新規事業のアイディアを考えるにあたりM&Aは当然という感じでした。

全員が抗議でM&Aに関するバリュエーションなどの基礎知識をインプットした上で、ワークに入ります。提案内容の中にもどの会社をいくらで買うかというようなことを書きました。

他の新規事業創出系の学生向けサマーインターンの中でも、かなり珍しいのでは。
JTのM&Aには、安心感があります。
日本ではたばこ需要が今後増えることは間違いなくないでしょうから、海外でのM&Aに積極的ですね。
近いところだと今年3月にはロシア3位のタバコ会社の買収を決定したJTが、今度はバングラデシュで買収。
喫煙は長期的には健康上の理由から忌避されていく嗜好であり、産業として衰退するように思う。

商品パッケージ上に、あれほど強烈な警告が記載されているものは他にない。砂糖やビールに同じような警告文言や図が記載されたらどうなるだろう?
タバコメーカーがタバコメーカーを買収するんだから安定感(安心感)がありますね。当たり前ですが。
東南アジアやなんかでもさすがに総量は減っていきそうな気がする。規制先行で似たような経過を辿ると思われるケースはあまりない。思いつくのはヒロポンくらいかな。代替品に移り変わったものだとスパイクタイヤとかアスベストとかかな。タバコみたいな嗜好品はやめちゃうので厳しい。同じように将来が心配されるものとしてはスポーツバイク。電動化してウィーンってのは気分が出なそうだけど好みで二酸化炭素ばら撒くわけにもいかないしね。例えば日本でも各バイクメーカーが残った部隊を合体させて保守専用会社みたいのを作ったりするのかな?
日本たばこ産業株式会社(にほんたばこさんぎょう、英語: JAPAN TOBACCO INC.、略称: JT)は、日本におけるたばこの製造販売並びに医薬品、食品及び飲料水の製造販売を行っている会社である。日本たばこ産業株式会社法(JT法)に基づき財務省所管の特殊会社として、1985年(昭和60年)4月1日に設立された。また、TOPIX Core30を構成する銘柄の一つでもある。 ウィキペディア
時価総額
4.53 兆円

業績