新着Pick
389Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
どの程度の宇宙旅行なのかは気になりますが、世界各地で『宇宙ツアー』のプランがどんどん増えておりワクワクします。

エンタメは、いつも始まりが高額です。約50年前に日本で海外渡航の自由化がされた際は、ヨーロッパやアメリカ旅行にも500万円以上(現在の物価換算)がかかりました。きちんと宇宙旅行が市民権を得て、宇宙への渡航者(?)が増え、技術開発が進めばきっと安くなっていくでしょう。
2000万円かぁ。数分間の無重力体験だけなら、ZERO-Gっていうジェット機使ったサービスがあって、50万円でできるんだよなぁ。追加で1950万円出すと、暗黒の中に青く丸く縁取った地球を窓から眺める体験と、カーマンラインを超えた(宇宙に行った)という勲章がついてくると。
ついにですね!!ヴァージンは焦っていることでしょう。10年前にやるといって伸びに伸びても頑張ってきたのに最後の最後で先を越されるかもしれないのですから。これはまた、少なくとも短期的には、有翼機よりも従来型ロケット+カプセルの方が宇宙への輸送に適しているということのいまひとつの証明になるかもしれません。
素人にはサブオービタルも軌道飛行も宇宙には変わりないんでリーズナブルなプライス設定に見えることだと思います。さて、この手のサブオービタル有人宇宙旅行事業は古くはペプシの抽選でいける宇宙旅行のゼグラム社や、最近ですとヴァージンギャラクティック社がありますが、やるやる詐欺と言われてもおかしくないくらい前金集めてぜんぜん飛ばないって感じです。両者ともに有翼飛行体なのでやっぱり色々と難しいんですよね。未来感はありますが、地上に滑空する以外あの翼は無意味なんですよ、宇宙は空気薄いですからね。空力ほとんど使えません。むしろ強度の問題で邪魔でしかない。そういう意味ではブルーオリジンは堅いので一番最初に事業化するかもですね。
このくらいの相場か.バージン・ギャラクティックのSpaceShipTwoも25万ドルとなっている.
https://www.club-t.com/space/
弾道飛行にこれだけの金額か.1/10になれば.
これくらいの価格帯での有人宇宙旅行プラン、ヴァージン社なども含め複数出てますが、その後や体験記事など見ないですね。
実際どれくらい進んでるんだろう。

あと、「宇宙」はどこのことを指すのかによってもかなり変わりますね。

ロマンがあることには変わりませんけど!w
宇宙旅行の価格は約2000〜3000万円くらいになりそう。再利用など開発も今後さらに進んでいくと、もう少しやすくなり、手の届く範囲になってくるのかもしれない。数十年先かもしれないが。
もちろん庶民には手の届かない話ですが、この料金でも安いと思って乗れる人はいるんでしょうね。
ガガーリンからすると時間がかかりました。つまらない観光地へ行くよりはるかに期待が大きいですし、インバウンド云々を超える概念に期待できます
行ってみたい!>ジェフ・ベゾス氏が経営する宇宙ベンチャー、ブルー・オリジンが、来年予定する初めての商業宇宙旅行の料金を1人当たり20万─30万ドル程度に設定する計画
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またの一つである。 ウィキペディア
時価総額
92.3 兆円

業績