• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

読書と成功の関係:読書習慣で自分が磨かれる、3つの科学的理由

Inc.
2576
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 工藤 啓
    認定特定非営利活動法人育て上げネット 理事長

    双子というのは、遺伝的要因、環境的要因、非環境的要因によって、何が効いているのかを発見するために、とても大切な存在ということで理解しています。自分の子ども(双子)を見ているだけでも、なんで性格が異なっていくのか、好き嫌いが出るのかなどとても興味深いです。


  • 吉野 順一
    株式会社Change Life 代表取締役

    これは読書だけでなく、漫画や映画などの文学全般に親しんでいる人に言えることだと思う。

    「読書をしている人たちのほうが、ストレスや気分の落ち込みを感じる度合いが低く、自尊感情は高く、難局に対処する能力も高いというのだ。
    また、読書をしない人たちと比べて、友人たちや自分が属するコミュニティに対して親しみを感じており、社会問題や文化的多様性に対する意識も高いことがわかっている。」


  • 長村 康平
    組織人事コンサルタント

    同じ読書でも、能動的か受動的かというのがより脳の刺激レベルを左右しているように感じます。強制されるものより、自分の知的好奇心に従って本を読み進める時の興奮状態が好き。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか