新着Pick
617Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回はワールドカップの展望としてデータの活用について中西さんとお話しさせていただきましたが、最後はデータを扱う人もサッカーを知らないといけない、という話になりました。現在、欧州では分析をフィードバックするサイクルのスピードが上がっておりそれを取り入れなれない監督は仕事がなくなっているほど重要な分野です。
日本では数字系の客観データが注目されていますが、主観データの利用がとても重要です。もっというと客観データも最後はどう扱うか?という視点で考えると主観データの一部だと私は考えています。
皆さんも、この様な視点で今回のワールドカップを見てみると面白いかもしれません。
あとは、日本のJクラブで記事内に出てくる分析の設備の導入に興味を持つところが出てくることを期待しています。
選手がピッチで感じている生きるデータをピッチでアップデートし続けることが、一番速いアップデートなのかなと。それを日常からデータを蓄積して答えを導き出せる身体と頭にしておく。
長友選手や久保建英選手の個人指導をしている中西哲生さんは、体の使い方、呼吸、精神状態、データなど、あらゆる点からサッカーの技術や戦術を追求している方。世界的にも、こういう視点でサッカーを見ている方はいないと思います。

一方、坪井さんはスペインの指導現場に精通している方。2人の会話は最新のサッカーレポートでもあり、英語に翻訳して公開したらサッカー大国の人でさえも驚くような内容だと思いました。

坪井さんが解説している「ストーリー」。本田圭佑選手の個人分析官、白石さん(ルイス・エンリケの右腕ウンスエが師匠)からも少し教えてもらったことがあり、「ある状況からある状況までの流れ」というのは日本サッカーの戦術論の次のトピックになると感じました。

*原稿の主旨に影響しませんが、島を1個買い取ったという話は、おそらくカンポ・バイアのことだと思いますが、正確には島ではなく、海沿いのヴィラ。入江を渡る際に船を使う必要があったので、「島」と誤解されたのだと想像しております。
サッカーを始めて20年近くが経ちますが、この話を、もっと早く知っていたら、少しは僕も良い選手になれてたかもしれない……。

そう錯覚するほど、中西さんと、坪井さんの話は、我々が日本の一般的なサッカー教育で学ぶ「常識」をひっくり返してくれました。

しかも、中西さんの言う通り、そこには明らかな「論理」があります。サッカーは、華やかなスポーツですが、そこに通底する論理の土台があってこそ、あのスペインの美しいプレーが生まれるのだと思い知りました。

今や、テクノロジーの発達で、サッカーの戦術の進化は、さらにスピードを増しています。その日進月歩の世界で、日本のサッカーはいかなるイノベーションを生み出せるのか。課題は驚くほどビジネスと似ています。
これ、今までに見たサッカーやW杯の記事の中でもめちゃくちゃ面白い!

特に印象に残った言葉。

- 瞬間ごとに「アップデート」が起きてるんですよ。プレースタイルでも考え方でも。だから進化が速いんですよね。そこに分析が入るから、精度も高くなる
- 背景には目的があって、それを達成するために、この選択をしますということが、スペインサッカーは、細かく決められて、それが全てストーリー化されている
- サッカーは、生態系のメカニズムのスポーツ。サッカーというスポーツは全てが複雑に絡まり合っているので、分けて再構築しても、うまくいかない

よくいう野球とサッカーの違いではないですが、サッカーは複雑系のスポーツですし、変数も多い中で、いかにチーム全体でのストーリーを用意しながらも、個々人が常にアップデート=進化を続けられるか。

現時点で過去一でW杯に盛り上がれていないですが、これから柴崎と大島にはぼくも注目してみようと思います
ここ数年くらいのサッカーの大きな進化の根拠を説明する、素晴らしい記事。

「一番重要なのは『再現性』=『言語化』である」と定義し、うまくいった理由が「論理」で分かれば、10分の1だったものが、10分の10にできる可能性が生まれる、と。逆に言語化できなければ、偶然でしかない、と。

サッカー好きな人であれば、昨今「ポジティブトランジション(守備→攻撃への切り替え)」「ネガティブトランジション(攻撃→守備への切り替え)」という単語は耳なじみのある言葉だと思います。これも言語化の一例です。
そしてこの記事にも取り上げられている、元ドルトムントのクロップ監督が脚光を浴びた「ゲーゲンプレス」も、まさに言語化されているから、再現可能な戦略となり、それが現代サッカーを進化させてきたわけです。

サッカー観戦好きの輩として言わせてもらいますと、こういった言語化された戦略を理解しながら、ハイレベルなサッカーを観戦することは、まさに「サッカー観戦を数倍楽しむ方法」と言えますね。
この記事が「サッカーって何が面白いの?」という質問に対する回答の代弁をしてくれたように思えました。感謝です。

【補足:「ゲーゲンプレス」とは(※下記「footballista」記事より)】
チーム全体がボールロストの瞬間にスイッチを入れ、連動しながらボールに対して強烈なプレスをかけること。
成功させるためには、ボールを失う前にあらかじめ各選手が適切なポジションを取っていなければならない。
基本的には選手間の距離が極端に広がっていたり、数的不利の状況では効果は薄く、攻撃的にコンパクトな陣形を取り、選手間の距離を縮めている時ほど威力を発揮する。
グアルディオラ監督時代のバルセロナ、クロップ監督時代のドルトムント等が活用した戦術。

【参考記事:実は4つの型がある。これが本当のゲーゲンプレッシング】
https://www.footballista.jp/column/44404
今日開幕したワールドカップ。初戦のロシア対サウジアラビアは、サウジアラビアの本記事にも出てくる、ハーフスペースを駆使した攻撃に対して、ロシアは、逆に典型的な4-4-2で、ハーフスペースを囲んで消し、その裏のスペースを突き、5点を取る圧勝となりました。
また、5点の中でも、チェリシェフがジュバの落としに、左のアウトサイドにかけて決めた4点目は、これも文中にある曲線を描き、まさにキーパーの触れられないコースを突いたシュート。これが世界基準かと、納得しました。
サッカーに限らず、あらゆるスポーツでデータ分析の技術はすごい進歩をしています。ある意味、データ分析が出来すぎていて人がどれくらいのことができるのか証明されてしまうので、面白みにかけてしまうところもあるのですが、スポーツでは、時にデータを超えたプレーだったり記録がでることがあり、そこに凄さだったり、感動が生まれるのだと思います。

スターと呼ばれる選手は通常のデータ分析ではありえない、起こりえないプレーができるから華があるのでしょうね。
面白い!
「主観データ」にまでここまで進んでいるとは知らなかった。そして、『重要なのは「言語化」です。言語化できてないと、「再現性」にはつながらないからです。』という言葉がとても重い。記事にもあるように、サッカーだけでなく仕事にも通じることだろう。
そしてそのデータを取得・解析・解決に落とし込むスピードについても同様。

永里さんが最近の連載で、言語化や「情報量の基礎パターンの引き出し」といった言葉を使っているが、それもまさに言語化しているから再現したり組み合わせられる論理だと思う。
https://newspicks.com/news/2928946
https://newspicks.com/news/3007848
とても面白く、わかりやすかったです。何より腹落ち感が凄い。やはり言語化はとても大切ですね。自分の中の感覚を言語化するためには知識と経験の幅と深さが必要で、いまは言語化もリアルタイムで求められてる。
この連載について
6大会連続でW杯に出場するサッカー日本代表。本大会直前で監督交代劇が勃発するなど、この4年間、チームづくりは決してうまく進まなかった。日本代表は世界とどれくらい距離があるのか。「奇跡」を起こすにはどうすればいいのか。元代表選手や識者とともに掘り下げる。