新着Pick
225Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回の出来事は、多数の問題が複雑に重層的に絡み合っていて、因数分解がとても難しい。Aと言うだけではBの側面が抜け落ち、それを掘り下げようとするとCの側面が出てくる。それでも今回の記事では、因数分解できないことを承知で問題のシンプル化に試みました。

一般論として、監督と選手の重層的な関係に興味がある方は、こちらをお読みください。

小説「アイム・ブルー」
https://sports.yahoo.co.jp/contents/1808
#ハリルホジッチ 電撃解任騒動で論点が少しずれてしまい、大事な点が見過ごされているのではと危惧しています。

監督が理由のみで、 #日本代表 が弱い訳ではない。

サッカーの根本である1対1の「個の力」が攻めも守りも弱いから、弱いのだ。

2014W杯時に参考にしていたであろう #バルサ も、パスを繋げるから勝つのではない。攻めのメッシやスアレス、守りのピケなどが「個の力」で、得点するもしくは失点を許さないから、勝てるのだ。

今回の監督解任騒動に惑わされて、日本が強くなれない大きな理由の一つ「個の力」不足の改善を議論することを、忘れてはいけないと思う!
ハリルは言語化が得意なタイプの指揮官ではない
言語化が苦手な指導者は致命的ではないでしょうか。ロジカルに説明してこそ、指導者だと思います。理屈がないものに選手はついてこないです。
自分とは意見が異なるが、木崎さんの論評は流石で、これも1つの真実だと思う。
ハリルの言語化能力が低いのか高いのかは検証の余地があるが、考え方が適切に伝わっていなかったのは絶対的にある。

ただ、ハリルが正しかったのかどうか、永遠にわからなくなるようなワールドカップ前の解任は妥当だと思えない。
マンツーマンディフェンスにした意図、そこにワールドカップを戦うハリルマインドの根幹がある。
まずはWカップ終わってからにしましょうよ。

日本とはベースが全然違いますが、ブラジル代表なんてほとんどいつも騒がれませんよ。勝ち進むとだんだん盛り上がってくるもんです。

なんというか最近日本がサッカー先進国のような目線でいろいろ語る記事が多い気がするんですが、これはこれでサッカー業界が15年前とは違うステージに入った(海外進出が増えたりWカップ常連国になったり)といったことなんでしょうが、まだ先進国には全然遠いとおもいます。

ただ、これをあと30年くらい続けていくとブラジルみたいにサッカー≒宗教の時代が来るのかもしれず、必要なプロセスなのかもしれませんね。

(かく言う私がサッカー素人なのにめっちゃ上からで恐縮です)
原稿を書く者として、対象や時期、伝えたいことに応じ、感情を前に出すところは出す、冷静に伝えるべきことは伝える、行間に込めるなど、どうすればポジティブな変化を起こし得るかを考えています。感じるところの多い文章でした。
論議すべき点は多様にあると思っていますが、それらはW杯が終わってから向き合うとして、今は目前に迫ったW杯に向けてだただ応援をします!!!
協会、監督、選手それぞれに課題があったという分析はなるほど、と思いました。
一方で任命責任を考えると選手を選ぶ監督を決める協会の役割は重要で、個人的にはもっと中長期の視点を持って監督選びを進めて欲しいと感じました。
今回は見に行きます
主力選手がノーつきつけたら代表監督変える力学になる… それでは、もはや、他国の方が安心して監督を引き受けてもらえない、ように思えてしまいました…
それと、代表監督はどんな基準で選ばれてるとか、報酬はどれくらい、とか、気になってしまいました…
この連載について
6大会連続でW杯に出場するサッカー日本代表。本大会直前で監督交代劇が勃発するなど、この4年間、チームづくりは決してうまく進まなかった。日本代表は世界とどれくらい距離があるのか。「奇跡」を起こすにはどうすればいいのか。元代表選手や識者とともに掘り下げる。