新着Pick
177Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事にある通り、市場をより伸ばしているのはコンビニ。意外と専門店は伸びていません。低価格系専門店だとコンビニが競合になる為、高単価かつデリバリー付加型専門店へ業態転換も増えています。
今後、食の外部がより進み、所謂”おふくろの味”というものは、薄れてしまうのかなと、少し寂しく思います。
私にとっては、選択肢が増えることは嬉しいですが。
中食市場において忘れてはならないのがMeal Kit市場。
弊社KitOisixも食にまつわる課題解決の一つ。

オフライン市場におけるプレゼンス確立を急ぐ一方、
オンライン市場の競争は激化している。

20分で料理が出来る。料理が楽しく、楽に出来る。
そして中食よりもヘルシー。

早く「今日何作ろう」と言う重たい課題を、KitOisixによって
「今日何食べよう」にマインドチェンジさせたいと思います。
菜食、オーガニック、ローカーボ等々、何を食べるかは話題になりますが、どう食べるかもとても大事ですね。スマホ片手に流し込むだけの食事なのか、例えコンビニのお惣菜でも食事に向き合って食べるのかでは、心の整い方までに大きな影響があると思います。
食事は毎日の事なので負担も小さくありません。また日々の食事が健康を支えるのでとても大切。
働く女性が増えることで、食事にかけるお金も増えると思うので、今後はお惣菜お弁当もより美味しく、体に良いものが増えていくかも知れませんね。
コンビニ、ファーストフード、外食産業の中食対応が進み、業態の境界が曖昧になってきている印象です。

宅配サービスが生活に浸透すれば、さらに市場拡大すると予測。
共稼ぎや高齢者が増えて、時短ニーズが強いのだと思います。まだまだ伸びると思います。個人的に一度使いはじめて手離せなくなったのは料理キット。セブンの冷凍食品も最近全く侮れないと思います。
意外と「中食の手前」の話が少ない。たしかにおいしく食べられる食材が手に入っても、おいしく食べられるコツを知らないからだと思う。いま神楽坂、横浜と二店舗八百屋を経営していますが、わざわざ八百屋まで買いに来られる人の多くはリピーターで、「どうやって食べたら良いか」を聞きたい人たちです。せめて自宅で食事するのであれば、そのコツをきちんとわかった方が、生きていて気持ちいいと思います。
惣菜や弁当を作るのは売り場ではなくて、製造現場です。
スマホやSNSの普及によって、料理する時間がもったいないし、面倒て思う人が増えたことかな。
なのでデリバリーの市場がまだまだ伸びる、料理代行サービスもいいかもね