• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

経団連“デジタル省”創設を提言 ビッグデータ活用を推進

NHKニュース
798
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    エコノミスト『投資一年目のための経済・政治ニュースが面白いほどわかる本』発売! Good News and Companies 代表取締役

    面白いですね。自身が一番気になるのは経産省、総務省が関わる情報銀行の動きがどう変化するか。意思決定が早くなる組織体制ならウェルカムのような


  • Service Designer

    政府のデジタル化を推進するための横断的な組織は、イギリス政府やアメリカ政府の事例から分かるように一定の効果はあるかと思います。今回のデジタル省?も、別にデータ活用に特化する必要はないと思います。

    いずれにせよ、そこで働く人材の流動性を高くして、キャリアパスの一つとして魅力的にしなければ、優秀なエンジニアやデザイナー、マーケターなどは入ってこないでしょうね。そしてそういった人材がいなければ、今まで通りpdfで情報発信を続けるような、時代錯誤の組織になってしまうのでしょう。

    とは言え、少しだけ期待してます!


  • New Stories代表 Code for Japan理事

    これは!コメントは山盛りできますが、補足的なこといくつか。
    ・現在、「ビッグデータ活用」の司令塔になっているのは、内閣府のIT戦略本部(高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部)の官民データ推進戦略会議。本部長は内閣総理大臣。
    ・当初は、この会議を独立した本部として置くことを目指していたが、近年の内閣府の肥大化もあり、IT戦略本部の中に置かれた。
    ・IT戦略本部の仕事は、実績から見ると、政府のITコスト削減。官民データ推進戦略会議の開催は、昨年3月以来4回。
    ・デジタル関連の政策を主に所管するのは、総務省と経産省だが、歴史的に「総経戦」というライバル関係あり。2016年秋に初めて、総務省の国際情報戦略局と経産省の商務情報政策局の局長レベルでの共同事業を開始(微力ながら私も間に入って動きました)。

    課題はある。内閣府のビッグデータ司令塔は弱い。総経の連携は困難。しかし、やりようはある。

    個人的な意見を少し。国のデジタル戦略については、ハコの話で時間を使うより、人材強化でいく。新組織で突破口を開くべきは「行政のデジタル化」。組織のイメージは、英国のGDSや米国の18F。従来のように(限られた)ベンダーに丸投げする「古い情シスモデル」ではなく、アジャイル開発の中に入れるような100名を外部から募る。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか