新着Pick
157Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
無人店舗、多くが実際には無人じゃなかったりしますよね。まだベータ版みたいな店もあるので、出入り口に店員が居てエラーチェックやガイダンスしていることも多いです。

さて、「日本は、中国企業の動きや戦略をうまく参考にできていない」というのは、確かにその通りだと思いますし、仕方ないとも思います。近年、中国関連の報道は相当に増えましたが、結局ニュースは「点」情報でしかないので、事象の背景や前提までは分かりません。それに加え、記事中でも指摘されている通り、参入者は玉石混交ですから、そもそもどれを参考にしたらよいか分からない。

私のおすすめとしては、中国の事例を一旦「プロトタイプ」と割り切って捉え、実際に見に行くことです。例えば無人コンビニのプロトタイプを自社で作ろうとすれば相当なカネと時間が必要ですが、上海に見に行くだけなら交通費10数万円、1泊2日で済みます。その上で、そもそもこんな業態は日本に必要なのか?(何故まだないのか?)、もし必要ならば誰が欲しがるか?、日本でこれを実現するとすればどのようなコスト構造になるのか?、といったことを自問自答してみるのです。私が言うのも変ですが、コンサルティング会社や調査会社に高いカネを払って机上の空論を並べるより、よほど思考が前に進みますよ。
日本のコンビニの便利さを改めて認識させてくれる記事。

中国てQRコード決済が進んだのも「偽札が多かったから」というネガティブな社会課題があったからですし、日本が無理やり合わせる必要はないのかもしれません。思えばSuicaも「通勤時間に異常に混む改札」という社会課題に対応していたから浸透したんでしょうね。(本当は「同じ時間に出勤しなければならない」という課題の方を解決しなきゃいけないのかもしれませんが…)

「無人店舗」というバズワードに踊らされるのではなく、既存の便利なコンビニとのハイブリッドを目指す方がより早く社会実装される気もしますね!!
見出しの無人コンビニ以上に、WeChat PayのようなQRコード決済がどう普及していったかへの言及が、是非見て欲しい点。
習慣化がキー。送金部分は本記事で言及がないが、たしか下記のLINE PayのPickでコメントしたように旧正月での送りあいだったと思う。そういう意味で、LINE Payもどれが当たるか分からなくても、まずは慣れてもらうというのは必須のステップだと思っている。
https://newspicks.com/news/3109843

あとは本丸のコンビニについての言及も面白い。
コンビニは本当に便利。だけど、便利ゆえに世界のイノベーションとは乖離してしまった事例としてはi-modeに代表される「ガラパゴス」を思い出す。そういう観点で、コンビニやコンビニと決済の融合(下記のセブン・ペイとか、Tポイント巡るファミマ・ドンキ・CCCなど)についても見ていきたい。
https://newspicks.com/news/3118238
https://newspicks.com/news/3082834
私が中国に住んでいた5年前からも変わりすぎていて、現場に関しては迂闊にコメントできなくなるほどですねー。
たまには見に行きたいと思います。
金田さんだ!
無人コンビニ手間が多い
決済・中国おじさん27歳、秀逸過ぎる