新着Pick
217Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「やっぱり1位は強い」
今のところ、このタイトルと内容は合致してないのですが、成績409位から1位へ、という話が続くと面白いですね。

会社ではよく「日本で1番高い山の名前は言えるけど、2番目に高い山の名前は覚えてないでしょ?」と繰り返し言っています。それほど1番のインパクトは強い。
チャートといえば、私が業界に足を突っ込んだ80年代半ば頃は
1967年に小池聰行さんが創業された
オリジナルコンフィデンスはあまりにも有名ですが、
その他にミュージックリサーチや
ミュージックラボという業界向け大判のチャート雑誌がありました。

その後は、サウンドスキャンや、
卸の星光堂の物流データを元にしたプラネットチャートが、
オリコンとともに毎週CDの消化具合の指標として使われ
売り上げの推移に一喜一憂したものです。

*最近は相変わらずオリコンとビルボードジャパンのチャートを参考にしてます。松浦さんが学生の頃好きだったという、ボストンは、矢張り「ドントルックバック」ですね。トムショルツのエフェクターは憧れでした。ウイングスは、バンドで盛り上がるのは、「JET」ですが、ポールの才能の凄まじさを感じるなら「バンドオンザラン」や「マイラブ」ツェッペリンは、全部凄いので、全部おススメです。
↓ 中学生の頃から、人同士の力関係を見据え、交渉に利用されていたとは… 大人顔負けですね…

「同じ学年に、PTA会長の息子がいたんです。彼を誘ってみるとギターだったらやりたいと言う。それで僕はギタリストの座を譲って、ドラムに転向しました。そして、彼から親のPTA会長を説得してもらい、PTA会長から中学の校長を口説いてもらったんです。校長がOKを出したもんだから、教師たちも認めるしかないわけです。」
【第6話】エイベックス会長・松浦勝人さんの「イノベーターズ・ライフ」、本日から人生の原点にさかのぼります。
ヒットチャート1位と2位では、売れ行きが違いますよね!
やっぱり1位でなければなりません!
横浜銀蝿、一時期ずっと聞いていました。
「鬼爆」と「特攻(ぶっこみ)の拓」がマガジンで流行っていたころ。

八王子は、週末になると暴走族が観れる最高の場所でした。笑
たしかにランキングは大事。

本も全国書店員が選ぶ賞がありますよね。

でも自分でランキング作ってしまうのはすごいなあ。
昨日の話の続きじゃないのか〜涙
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
エイベックス・グループ (avex Group) は、エイベックス株式会社(Avex Inc.)を持株会社とした日本の企業グループである。 ウィキペディア
時価総額
710 億円

業績