新着Pick
177Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
おすすめいただいて光栄です!

ご夫婦2人共NPでご活躍とは素敵ですね。旦那さんにはご挨拶させていただいたことがありますが、ホントに誠実な方という印象でした。その奥さまですから、人柄がしのばれます。

たまたまですが、うちの奥さんも障がいを持つ人達の社会活動を支援するNPOで働いています。前線ではなくまさにサポートしてるだけなんですが、とても意義深い仕事と思っております。山田さんのように若い方が自然体で取り組んでおられるのを知って嬉しくなります。

NPの魅力はダイバーシティとは、その通りですね!
私も、外科医だけやってたら知り合えなかった魅力的な人達に、たくさん出会えて幸せです。

山田さんにも、いつかお会いする機会があればご挨拶させていただきたいと思ってます。
今後共よろしくお願いいたします。
こんにちは、本人です。想像以上に温かいコメントをたくさんありがとうございます。(Okaさんの三つ星が信じられん…恐縮です)

先日小野さんが当事務所に足を運んでくださいました。小野さんの親しみやすさと人を巻き込む力に圧倒されました。笑

学会大学周り、もしくはソーシャルビジネスやNPOの人を本当にお見かけしないNPは、わたしにとって新しい人の集まりでした。本当に狭い世界だしタコツボ化しやすい。

また、私みたいな兄弟の立場はある意味越境を意識しやすいのかもです。家に帰れば当事者の事情がある生活だけど、家を出れば私には私の人間関係がある絶妙な感じなんです。
兄弟に障害があろうがなかろうが、家庭内が深刻じゃなければ別に深刻じゃない。まあでも当事者的な事情はわかる。そんな狭間で何かを変えるにはそこを特別視しないように「よくある道や選択肢」を疑ったほうが変えられると気づけました。のは素直に家族経験のおかげです。
大学院も障害福祉や特別支援教育を専門としないところにいったのも、変えたいのに変わらないその領域を変えるには、違う角度から見ることが大切だなと思ったから。

そんなわけでコラブルも「全ての人に寄り添う」ことをあえて目指し、集団に注目する新しい形の事業を模索して今に至ります。「障害者の"ための"活動ではない」というメッセージもそこから。

理解しなくていい。理解には限界がある。でも関係性はつくれる。困った時はお互い様だし、みんな失敗。ということがわかってると多様性の中でも生きやすくなるんじゃなかろうか

なんつってもまだまだなので、みなさまと色々ご一緒させていただければ幸いです。

あと、夫の方が絵に描いたような真面目さです!
私はポケ森にまだハマってるアラサーです…
またゆるゆるとよろしくお願いいたします(^○^)

お一人お一人のコメントに感謝申し上げます!
5月も良ければきてくださいね!
※字数調整編集しました

追記
夫との会話のもう半分はコラブルと🐼の話です。ネタ不足夫婦

>安田さん
まじニアミスですよね笑 私もぜひ話したいですー!
>小林先生
嬉しいです…!こちらこそご挨拶させてください。
>三浦さん
大分なんですか!それだけで親近感すぎます…
>品田さん
娘さんと同じ学年ですね&授業の取り組みとても興味あります♩色々学ばせてください!
「アウトプットする場所がNewsPicksでなくてもよくなってきたな」というのは考えさせられるものがありますね。先日とある人気ピッカーの方々とお話しした際にも「以前に比べるとNPでコメントする気が起きなくなった」という声が多々ありました。

アウトプットする場が沢山ある中でNPが選ばれるためには、より一層コメント欄の活性化を図っていく必要があるかと思います。きっと運営の方たちはそこのところを重々感じ取っていることでしょうから、今後の動きに期待したいところです。

それにしてもご夫妻ともにこの連載に取り上げられるとは凄いですね。ということで、小野さんにはぜひまた昨年に続いてコンフィデンシャルな集いをお願いしたいと思います。もちろんご夫妻を交えて。
あ、紹介して頂いた夫です笑
そもそもNewspicks始めたのは、妻がTwitterやその他SNSで積極的に情報発信していて、自分も何か発信してみるか・・と思ってコメントしたのが最初だったなと思い出しました。

すごく気になっているのは夫婦でピッカーというのは、そこまで珍しいのか・・・ということです。絶対に他にも夫婦やカップルでNewspicks使っている方々はいると思うので、そういう会があったら面白そう(どういう会かわかりませんが)

ちなみに、うちのご飯食べている時の話題5割はNewspicksですね。

あと、ピッカーの方でコラブルの活動に関わってくれる人とか出てきたら嬉しいです!
ダイバーシティとかインクルーシブの概念は、言うは易し行なうは難しだと思っているので、たくさんの人と実践しながら活動をつくっていきたい!
本当に、NPのコメントはダイバーシティがあるし、専門の方々もいるし、それぞれの出所に応じたものもあり、すごーく勉強になります。

インプットだけでなくアウトプットを行うことで、考えが深まりますよね〜。
詳細は以下に書きました。
ご一読いただければ幸いです。

http://agora-web.jp/archives/2028268.html
多様性は重要とはわかっていてもなかなか実践できないものだと思います。このように起業やワークショップという形で実践されているのは、本当にすごいことだと思います。

多様性が必要な理由としては、思考が複眼的になるからという答えが個人的には一番しっくりきています。短期の効率を求めると同質的な人が集まっていた方がいいけれど、長期的な発展や独自の発想のためには、様々な立場から複眼的に物事を見ることができる方が、精度が上がると思います。つまり、普通にメリットがあるからやりましょうということです。(でも実際に行動に移すことは本当に難しい)

また、多様性をもう一段深掘ると「相手の思考回路を想像すること」という解釈が個人的には非常にしっくりきます。こちらの記事で語られています。
https://newspicks.com/news/2090660/

違う人がただ集まって相手を説得だけしようとしても複眼にはならなくて、互いに相手の思考回路を想像することで、初めて昇華が発生するものだと思います。
そのプロセスをワークショップにされようとする姿勢が、すごすぎて頭が上がりません!
山田さん、ニアミスしてるのに未だにお会いできてない。ワークショップデザイン、まさに勉強したいど真ん中ですが、なかなか距離が…。本当にこういう時、東京が羨ましいです。
最近気になっているキーワードがとても多い。
意見に共感できることはコミュニティ形成のきっかけになるが、異なる意見もあることで持続性が出てくる。だけど意見が違うときは、前提が合っていないことが多い。人間は意見が合うほうが心地は良いことが多いので、違う意見・前提に対してどう対処していいのか分からなくなってしまったり、対立が生まれることもあると思う。そんなときにどう対応していくかは、人やコミュニティがインクルーシブであるかがキーだと思っている。

人それぞれ、何かしらの「マイノリティ」を持っていると思う。それが発信され、情報差が少しでも減ることで、減る摩擦や生まれる刺激もあると思っている。
そういった場にNPが寄与できていることは嬉しいし、一層寄与できればと思う。
山田さん、有難う御座います!
>「一時期あまりコメントしなくなって、ごめんなさい」っておっしゃってましたね。

コメントしなくなって謝るなんて素敵。最近はコメントしなくてもいいよな気分でNPを開かない日もあったくらいな私は、山田さんルールで言うと土下座級ですね。(笑)

でも、アウトプットツールはNewsPicksだけじゃないというのはごもっともだと思います。
活動の数々、大変刺激になりました。

恥ずかしい話、学生時代にあれだけ産婦人科や小児科を勉強したはずなのに、いざ妻が妊娠しただの子供が産まれただのとなると全てが初めての経験で分からないことばかり。

実際に経験をしてみないと、見えてこない世界は沢山あると改めて痛感した次第です。

しかし当然のことながら1人の人間が経験できる幅などたかが知れているというのも事実。

こうなってくると後は自分の経験以外の思考に触れて、想像力を膨らませるしかありません。

本を読む、人に会う、語り合う、、

NPに触れてからというもの想像力を豊かにするためのこれらの活動が飛躍的にアップしたと実感しています。

「相手の立場になって考えてみよう」

これ、義務教育の中で耳にタコができるほど聞いてきたワードですが、これこそダイバーシティーの本質ではないでしょうか。
株式会社ニューズピックスは、ソーシャル経済ニュース「NewsPicks」を提供する会社。2015年4月に、株式会社ユーザベースより分社化。 ウィキペディア
この連載について
NewsPicksコミュニティチームが企画した記事や運営からのお知らせをお届けします。