新着Pick
89Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
実を言えば、F−35Aに機種が決定する段階で、米国側からも年間10機を10年ほどで導入するのが、価格面でも最も経済効果が出る、と提案されていました。非改修型F−15戦闘機110機をF−35Aにすれば、導入が始まっている42機と合わせて152機ということになり、これを15年ほどで導入すれば、価格を抑えるだけでなく、日本の航空戦力を短期間に向上させることにもつながります。

そうしたリアルな検討の結果は、中期防衛力整備計画(現行は2014年度から2019年度)には「近代化改修に適さない戦闘機(F-15)について、能力の高い戦闘機に代替するための検討を行い、必要な措置を講ずる」と明記されているのです。

そこに登場したのが垂直離着陸が可能なF−35Bの導入と、「いずも」型護衛艦の改修です。

「いずも」型護衛艦の飛行甲板を耐熱強化して、離島防衛などに使えるようにしようというものです。

そこで、どれくらいのF−35Bを運用できるかという話になります。

実は、「いずも」にしてもFー35B 6機とSHー60K哨戒ヘリ4機といった組み合わせがせいぜいで、少し頑張ってもFー35B10機が限界なのです。

海上自衛隊の機動戦力である4つの護衛隊群(8隻編成)が今後、「いずも」型と「ひゅうが」型護衛艦各2隻を中心に編成されることになるとしても、そして、この空母型護衛艦4隻に哨戒ヘリを積まず、Fー35B戦闘機だけを積んだとしても、定期点検やほかの任務もありますから、運用できるのは合計30機といったレベルになるのです。

ここで可能となるのは、どんなに頑張っても尖閣諸島など離島の防衛任務ということになり、「攻撃型空母による外国の侵略」といった懸念とはほど遠いのです。

「いずも」型護衛艦の改修については、海上自衛隊の中で「シーレーン防衛やASW(対潜水艦戦)能力の拡充など、優先順位を踏まえるべき」といった消極論も少なくありません。

限られたパイ(予算)の有効活用にあたって、「いずも」型護衛艦の改修とF−35B(こちらは航空自衛隊ですが)の導入の優先順位が上がるのか、注目したいと思います。
空母いぶきの世界だよね。
長い滑走路が必要ないF35B。護衛艦「いずも」でも運用出来る事になりますね。
http://bit.ly/2Cdp1Pv
少し気になったのは、F-35BをDDHで運用するとして、海自の下での運用で良いのかという点である。海には戦闘機のことはわからないし、かといって空が船を運用するわけにもいかない。折衷案としては、パイロット上がりの参謀を付けるということになるのだろうか。
いずも改修してF35B艦載もいいけど、本格的に増強するなら原子力空母を二隻くらい導入した方がいいのでは…と思ってしまう。