• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

【平井孝幸】ヘルスシフト元年。「健康経営」が経営戦略になる

NewsPicks編集部
297
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • badge
    (株)イブキ 代表取締役

    腰痛や睡眠に関する新たな健康メソッドの方が即効性のある内容になったかもですが、社員への健康サポートはすべての企業が行う価値があるものだと思うため、健康経営をテーマにしています。

    ちょうど昨日の日経にも厚労省の動きに関する以下記事がありました。

    「厚生労働省が大企業に従業員の健康に配慮するよう促す。」
    ことについての内容で、健康経営の必要性は高まる見込みです。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2469840015122017EA1000/?platform=hootsuite

    シックケア(トラブルシューティング)からヘルスケア(予防)へ
    2018年はヘルスシフト元年になるのではないでしょうか。

    記事作成にあたりご協力いただいた経産省、東京商工会議所、日本政策投資銀行(DBJ)のみなさま、年末お忙し中ありがとうございました。


  • badge
    青山学院大学 地球社会共生学部 学部長 教授 / 音楽家

    心と身体の健康が働く事の基本。つい昨日も無理をし過ぎだと母に怒られていた身としては、自分自信の反省点でもあります。企業が本格的に健康を考える経営を行うヘルスシフトは個人の視点からはライフシフトなんですよね。いずれにせよヘルスシフト元年は素晴らしい。


  • 製薬企業

    健康経営の重要性は疑いようがないけど、それを日本の企業が2018年に促進するインセンティブがあまりピンとこない。例えば私としては企業が個人の労働環境や健康を尊重している国としてデンマークが浮かぶけど、国を挙げて労働環境の向上を推進しているからであって、日本ではどうだろう。

    デンマークとイギリスのオフィスでもそうだったけど、机が上下して立ちながら仕事できるのはありがたかった。腰痛持ちなので。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか