新着Pick
68Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
まさに、記憶を呼び戻すアイテムは、当時聴いた音楽と当時嗅いだ香りだそうです。
そういう意味では、視覚では到達できない領域に音声が届くのかもしれません。

拙著「超勉強法」でも紹介した「ラジオは脳にいい」の著者、板倉先生もラジオの効用を書かれています。

音声だけのアイテム、私はとても好きです。
オーディブルで「宮本武蔵」も「銀河英雄伝説」も聴破しました。
ラジオは何かをしながら楽しむ「ながら族」には親和性の高いメディアだと思います。これは人の時間を無駄に食わないで済むという特徴がありますから、その分、テレビよりは競争力があると私は感じていました。今は何事も人々の余暇の奪い合いなので、強制的に視覚を奪うテレビのハードルはスマホともろに競合してくるので厳しい面があるように思います。
どちらもそれなりにやってきたが、テレビは非日常かつ緊張を強いるメディアで、ラジオは比較的日常的かつ親密なメディアだ。テレビの撮影は概ね、凄い光量とスタッフ数、一挙手一投足が多くの人に向けて報じられ/評価されることで大抵の人は緊張する。それに比べると、ラジオはクローズドで、あくまで声だけで、全然リラックスすることができる。後者は後者の役割があっていいし、意外とラジオがネットとの相性がよいことも明らかになってきている。
"自分のフィルターを通して無意識に仕分けをしていると思います。"
はい。してます。無意識に。
自分に興味がないと意識が遠ざかり、興味があると意識が近づいて来る感覚があります。
メディアとしてのラジオはネットと近づく事で復活を遂げつつあります。ぜひNPでそれを深掘りしましょう。
この連載について
PICK ONEでは、月曜日から木曜日まで、それぞれ「テクノロジー・サイエンス」「ビジネス」「政治・経済」「キャリア」と、日替わりで4つのテーマを扱い、各分野のプロピッカーらが未来へつながる視点で読み解きます。