新着Pick

相手との絆を深めるおもてなしの会食とは?

NewsPicks Brand Design
471Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
最初に「料亭に最近行ったのはいつですか?」という質問に対して私は「うーん、いつだろう。うーん・・・何で思い出せないか分かった!料亭は行ったことがないんだ!」という笑い話が省略されていてガッカリしました。笑

さて、会食のスタイルは人によって、会社によってカラーが分かれ面白いです。ただ、会食の目的は人と人との円滑な関係を築くという点では皆共通しています。自分に合った会食とは何かをはっきりと見極めた上で楽しく実施できるといいですね。もちろんクラフトビールを会食のお供にするのはお忘れなく!笑
ビジネスはもちろん食の大先輩でもあるアメックス清原さん、ヤッホーブルーイング井手さんに挟まれて緊張しましたが、楽しくお話できました!!実は登壇前にも乾杯済みだったのも良かったかもしれません(笑)

セミナー中にも繰り返しお話させてもらったのが、
・向かい合って対峙するのではなく、同じ方向を向いて時間を共有する「会食」って良いよね。
・価値観や考え方を共有するのに「食」ってフックになるよね。感性とか地域性とか出るし。
・地方への出張って「旅」みたいなもの。せっかくだから一緒にご飯するのはもちろん、宿泊もして貰って、全身で個性を体感して欲しい。
・「会って食べる」という意味での会食を拡大解釈すると、社外だけじゃなく社内でもやるべき!なんなら一緒にご飯作るのも良いよね。
的なことでした。

清原さんは本当にカッコイイ大人なオトコという印象で、グローバルな視点からの「各国のソウルフード」の話や歴史的な観点からの「会社は緊張を強いるもの」という指摘はとても勉強になりました!!

井手さんはとにかくパワフルな兄貴!!会って好きにならない人、いないですよね。「接待はしないが、飲み会はするぜ!!」は本当に共感します。

参加者の皆さんとの懇親会も、大変刺激受けました!!良い機会をありがとうございました。
働き方改革や、ワーク・ライフ・バランスの観点からは、そろそろ夜の時間帯は家族に返して、商談は「パワーランチ」へ移行したらいいのではと思います。
会食したくない人が多いって・・・w 人づきあいが嫌なんですかね?おごってくれるなら行きたいと思わない人多いのかな?あまりおごられたことないけど・・・おごられるよりおごった方が良くないですか?気分的に。自分はそんな気がしてます。あ、でもおごってくれるなら、行きます!
そもそも会食という行為自体が好きじゃないので極力パス。可能な限り、万難を排して、参加しない。会食の定義上、参加者は複数人いるはずで、自分がいく必然性がないだけに、家族の事情、仕事の都合、急な体調不良で9割5分パスできる。これに尽きる。
食周りのコンサルのお客様との会食は、記事にもあるようにカウンターがあるお店に行きます。キッチンスタッフさんを間にはさむことで、お客様とのコミットメント感を和らげ、「私が、私が」という話し方でアピールしなくてもお互いの性格やバックグラウンドも無理なく理解できるような気がします。話題に困ったらキッチンに投げるという逃げ道があるのも素敵です。笑
「おもてなし・会食の場探し」はアメックスさんにお世話になりっぱなしです。