新着Pick
528Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
日南 油津が良いのは、過ごしやすさ。
宮崎にいる週末の半分くらいは油津で過ごします。

創客創人コワーキングスペースでゆっくりパソコン叩けるし、食はスエヒロ亭、ニアロ、五番館、ジンノー、おおにきタコ焼き、ニコニコショップのカツオおにぎり、ミスラムのカルボナーラ、そして一番は「やまもと」の貝汁セット。

そして、アブラツコーヒーかサークルカフェでコーヒー飲んで、足裏マッサージで健康管理。時には岩盤浴も。商店街のテーマソングは、「カープ、カープ、カープひろしま!♪」

個人的にはまさに「九州の軽井沢」くらいに思ってます。

GRA 岩佐大輝 日南 油津レポート
https://news.yahoo.co.jp/byline/iwasahiroki/20170824-00074881/

一点要望あげるなら、やっぱり人がメインなので、木藤さんはチラッと出ているけど、九州パンケーキ村岡さん、企業誘致のマジシャン田鹿さん、生き字引の黒田さん、なおちゃんラーメンせいこさん、島中さん、本田さんなど写真に写って欲しかったです。

日南市 マーケティング専門官 田鹿ともきの活動ブログ
http://tariyan2005.miyachan.cc/

是非宮崎にきて、ヨッテンに寄ってみらんね〜(^^)
一年ほど前だろうか、ある衆議院議員に提案をした。シャッター商店街にサテライトオフィスを作ろうというもの。商店街はもともと人が集まる場所であり便利なロケーションなはず。使われていない商店を再利用したサテライトオフィスと保育園を作れば、どれだけの母親が勤住一致の環境で就業の機会を得やすいかと。それに補助金をつけることは簡単なことだろう。それにより商店街が活性化することも期待できるだろう。
また、今日ある首長に訪問しお話ししたが、記事にあるように、自治体はもっとマーケティング力をつけるべきだと思う。何にお金を使うべきなのか住民とのエンゲージメントをもっともっと確立できるはずだ。決して難しいことではないと思う。
日南市。プロ野球のキャンプを見に行って以来ですが、こんなに熱い取り組みが行われていたのですね!

「都会のIT企業が地方にオフィスを構えたら、いいマッチングが起こるのではないかと考え、ウェブメディアの運営や遠隔医療事業などを手掛けるポート株式会社を誘致しました。」
なるほど!企業の誘致というと町の中心部から離れた工場団地に来てもらうというイメージで、設備投資も大規模なものを想像しますが、IT企業ならとても身軽ですよね。
規模は違えど、若い人が来れば衣食住の新たな需要が生まれます。そして新たな出会いが生まれ、また街を作っていくのだと思います。
どんな風に暮らしたいか、ですね。

昔の商店街に戻すつもりはないってのが重要なポイントですね。通行量でしか成果を計測しなかったり、多くの商店街活性化はここからズレてる気がする。
ぜひ一度日南へ。商店街の形をしたエンタメ空間と言えば良いのだろうか?モノを買うために行く場所ではなくて、人が集まって何かする場所。暖かさを感じました。

今度はいつ行けるだろうか。
全国の商店街は日南市・油津商店街に続け。
 
大店法の改正によって全国の商店街が一気に疲弊してきたわけですが、29もの商店をあらたに「誘致」してきた崎田恭平市長の手腕と、それに応えた若い世代のショートストーリー。商店街が、もう一度地域コミュニティーの核として生まれ変わっていくべきだと思いました。
IT企業以外の可能性も探りたい。スタートアップだけではなく、地方と地方の中小企業同士がコラボレーションする環境があったら面白いのではないかと考えています。
交通手段が、バスや電車から自動車に変わったときの都市計画の失敗が大きい感じ🤔

市街地の中心部にある商店街は車では逆に不便だから、郊外の幹線道路沿いに店が点在する状況を作り出してる気がする🤔🤔