新着Pick
145Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
フジテレビ出禁なおれが通ります。
「スマホだと長く見ていられない」「LIVEの時間帯は見るのが難しい」というご意見をいただきました。

テキストやアーカイブは以下からご覧いただけます。

https://www.houdoukyoku.jp/series/78

また、PCではホウドウキョクhttps://www.houdoukyoku.jpでご覧いただけます。「LIVE視聴はホウドウキョクのPCサイト、コメントはNPのアプリ」という使い方をしている方もいるようです。

使い勝手のよいサービスにしたいと思っていますので、ぜひ色々なご意見をお待ちしております。
「ゆうこす」だと思います。
プラットホームは、ショールームがズバ抜けて凄い。
折角力入れて作っているのだから、もっと届け方を工夫しないと勿体無い。
後半戦。
個人的に一番気になる点(そして皆模索中なのが)
テレビではなく「ネットならではの見せ方」。

ユーザーも参加して楽しむネット独自のライブ感とは?
リアルタイム配信の意味合いは?
動画はその時間が(1分とライブトークは1分)のジレンマと強さ。
ネットやスマホな演出、画、音、文字情報の使い方。
フットワークや即時性。

色々考えるよい機会でした!
工藤さんの下記コメントがまさにと思う。
自分は情報効率の良さゆえに、読むことが情報摂取の一番大きい部分になっているし、スマホより大きい画面のほうが複数を並行して調べられるから好き。
ただ、それゆえに家でもPCではなくスマホを見る(社内のエンジニアに聞いても、家ではスマホ中心という人は少なくない)、これだけ動画が流行っているというのは自分の直感と反する。直感と反するニーズがあるという事実は分かるのだが、なぜなのか(単に自分がPC>スマホ慣れで効率が悪いのか、気づいていない魅力があるのか…)まで、まだ腹落ちしていない分が多い。
NewsPicks自体が一つの記事に色々な方がコメントして一種お祭り状態になるメディアだと思うが、LivePicksでもそういった展開をするときは、独自ではあると感じる。
一方でLivePicksから離れると、アカデミアだったりオフ会だったり、ネットが当たり前になりすぎているからこそリアルの場の効用というのも改めて重要だと思う。やはり会って、その方の口からどういうトーン、身振り手振りで出てくるかで、印象は全然異なり、その後コメントを見た時の印象も変わってくる。

『現代人はすごくせっかちになっていて、移動中、当たり前のように2倍速で音声を聞きながら、目では違う記事を読むといった複数の作業を並行します。これだけアーカイブが活用される時代に、あえてライブで生き残っていくには、お祭り感や仲間意識をどう作っていくかでしょうね。』
それは絶対に無いと思います。地上波民放テレビ局はあらゆるコンテンツに余計なバイアスをかけていることに気づき始めているためです。オールドメディアの余りに手前勝手な解釈

> フジテレビ清水氏「(ライブ動画メディアについて)もしかしたら、テレビが一番優勢なのでは、と思いました。ネットがたくさんありすぎてどれを見たらいいかわからないから、テレビを見ていれば安心、みたいな心理があるのかもしれません。」
この連載について
NewsPicksコミュニティチームが企画した記事や運営からのお知らせをお届けします。