新着Pick
127Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
「真実があるかどうかなんて、だれにもわからない。信じられるのは言葉だけです。それが、いわば文学の立場で、それは親鸞が言っているのとまったく同じです。言葉だけでいい。」(記事引用)

小説家に限らず、物書きは「言葉」の力を信じている。僕が真剣に詩作にとりくんでいたころ、「詩の最初の一行は天から降りてくる」という表現に出会った。詩人は、良い表現を求めて言葉と格闘する。やがて疲れ果て、力が抜けていく。そして、言葉が自分の手元から自由になったとき、「詩の最後の一行は天に戻る」のだと知った。
面白い!非対称性、複雑性を受け入れるための心構え=良い悪いではなく、好き嫌いで考える。


http://repository.meijigakuin.ac.jp/dspace/bitstream/10723/2891/1/annual_intl_19_47-57.pdf
揚げ足取るようで申し訳ないが、念仏さえ唱えれば救われるっていう浄土真宗の教えこそ単純性の極みでは?
複雑なものを複雑なまま受け止めてみる、という方法論。
カッコイイ。
この連載について
各分野の第一人者が集まり、成熟化社会において目指すべきヴィジョンとそれを実現するための新しい方法論について、骨太な提言をする「日本構想フォーラム」。幹事を務める波頭亮氏をはじめ、NewsPicksでもおなじみの山崎元氏、南場智子氏らがメンバーに名を連ねている。本連載はその模様をリポートする。