新着Pick
144Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
シーズン制導入賛成。米国では秋学期にアメフト。春学期にベースボール。さらにバスケが両方にまたがり3大スポーツを熟す子も多い。色々なスポーツから指導者や生徒との出会いが可能性を広げると思う。

学校(とくに中学部活)の取り組みに大きな鍵が隠されている?

日本では中々難しいシーズン制導入。夢物語かもしれないが、実現してほしい。
本日は、J−WAVE「PICK ONE」に出演して来ました。久しぶりのラジオで面白かったです。

今回は、野球人口減少というキーワードを足掛かりに、幾つか話をしました。
① プロアマ問わず野球界の組織再編及び改革
② シーズンスポーツ制の導入
が、主に話をした内容ですが、要は子供自身も、そのご両親も知らない才能を引き出す環境の整備を作ることが大事であるということです。

あらゆることが科学的に解明される中、過去の経験だけでなく、積極的にその専門分野の人材を登用する事も大事だと思います。
J Leagueが目標にしているクラブのスポーツクラブ化の模範となっている僕の母国ドイツではスポーツクラブは日本の部活の代わり。
学校では体育以外のスポーツはありません。
学校が終わったらスポーツクラブに通う
(感覚的には大人がジムに行く的な感じ)
スポーツクラブでは様々なスポーツを体験できるので自ずと好きなものが見つかっていく。そしてそれは一つとは限らない。
更に、才能があればより大きなクラブへ移籍してプロを目指すこともある。
日本の部活の最大の問題は過度な上下関係などよりも
やはり一つしかスポーツをやれないこと。
一つに強制的に絞られるのは本当にもったいない。
好きなスポーツが得意なスポーツとイコールだとは限らないので、才能発掘の機会を失っているし、子供にとっては生涯スポーツを見つけるチャンスも奪われかねない。
あとスポーツクラブではあれば指導者もプロなので安心ですし
先生たちの異常な残業を解放することにもなる。
場所は学校であっても良いと思うので、実現してほしい!
夏の甲子園のヒーローが高校サッカーのヒーローになる日が来るか??
少子化で競技人口が減っているのは自然だと思いますが、今は色んな事が出来るの時代。スポーツ以外にも子供達には選択肢があり、より競争も激しくなっていると思います。確かに娘のお友達を見回していても野球をやっている子供さんは少ないです。昔なら地域でソフトボールチームがあり、多くの子供達が参加していました。今は子供会の運営が難しいのと同様、地域のスポーツチームがなくなりました。

シーズン制というのは良いですよね。そもそもスポーツが出来る人は競技が違っても器用にこなします。仕事の副業と同じく別のものをやることで相互作用もありそう。ただ体のメンテナンスはやはり大切になると思いますので、トレーナーなどのサポートはより必要かも知れませんね。

野球界が一丸となってというのも小島さんの仰る通りとても大切だと思います。
競争だとか成果だとか言われる中、野球に限らず、中学生や高校生のスポーツが、子どもを育てることよりも「勝つ」ことばかりを目的にしている以上、シーズン制の普及は難しいだろう。
ここ最近のプロ野球の活性化は眼を見張るものがあり、それは若年層の競技人口減による危機感によるものは確かに大きいと思います。
一方で、パイの奪い合いではないスポーツ文化の醸成という共通認識も不可欠だと、再認識させられました。
プロ・スポーツは、もっとファン・マーケティングに力を入れるべきなんでしょう。私が好きなNFLは、リーグが観戦ツアーを行っていたりと、ファンに提供するサービスの種類が多いです。
毎回楽しみに読んでいたのに、このサマリーのみ記載方式になってから、途端につまらん。
このテーマを鋭意取材中です。遠くないうちにまとめて記事にします。
日本はスポーツじゃなくて武道だからね。武道にシーズン制は似合わないでしょ。根本の精神を変えないで形だけシーズン制ひいたら、生徒がかわいそうな事態になるよ。
この連載について
PICK ONEでは、月曜日から木曜日まで、それぞれ「テクノロジー・サイエンス」「ビジネス」「政治・経済」「キャリア」と、日替わりで4つのテーマを扱い、各分野のプロピッカーらが未来へつながる視点で読み解きます。
株式会社ニューズピックスは、ソーシャル経済ニュース「NewsPicks」を提供する会社。2015年4月に、株式会社ユーザベースより分社化。 ウィキペディア