新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

98Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
お付き合い先でも週休3日を導入されるところはこの数年で増えました。ただ、週休3日が良いという訳ではなく、選択できるというのが大切だなと感じています。
変形労働制を使って「1日10時間×4日間=週40時間」にトライする事例ですね。機械ってスタート後/ストップ前が一番生産性が落ちるので、単純にそれが週5回→週4回になるのであれば全体の生産性が上がるケースもありそうですね。

「金曜日に急ぎで出荷して欲しい」という声がどれほどあるか見極めですが、顧客とのコミュニケーション次第でしょうか。記事内に『本当に利用者のニーズにあっているかどうかを判断せず、従来の「こだわり」が優先されていないだろうか。』とあったのにはドキッとしました。始めた当初は合理的な理由があった取り組みも、時代の変化に応じて形骸化していることも多いでしょうね。安全性や品質保証など絶対に疎かにしてはいけない部分はしっかりと守りつつ、生産性を高める努力に真摯に向き合っていきたいですね。

最後に余談ですが、タイトルだけ見たら「1日8時間×4日間=32時間労働」にして月給減らすのかと思っちゃいました。さすがにそういうニーズはないんですかね。単なるパートになっちゃうのかな。
変わり身の早さは中小ならではのメリット。←まさにそう。
人手不足で困っているからこそ、知恵を出して柔軟に対応する。
そこにはヒントが満載です。

弊社も積極的にスタッフの状況を確認し、身軽に柔軟に、チームを組んでいます。
先日雑誌の編集者と週休3日について雑談したばかりだから、リアルタイムな話題。

編集曰く、「1週間に3日も世間に休まれちゃったら、自分たちしごとできなくなっちゃいますよ」との事。

確かに校了の前とか確認したいことだらけなのに肝心の確認先が休んじゃってたら困るだろうなあ、と思った。

御構い無しに週末も電話かかってくるし、仕事をする相手によって完璧に休めない人もいるんですよね。