新着Pick
1049Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
なかなか面白い対談でした。特に携帯電話のGPSと連動させたログデータから新しいバス路線の計画を立てたりするの。これがダイナミックにできるようになると素敵だなあ。
巷で話題の走るリッツカールトンにも通じる内容です。移動が自由になるということは、今まで場所に縛られていた業態から解放されることだと考えています。

堀江さん、対談ありがとうございました😊

SBドライブの活動はこちらでもご覧頂けます。
https://m.facebook.com/sbdrive/
バス運行コストのうち70%が人件費だと言います。

過疎化が進み、乗る人が減ってしまう地方では、自然と収入が減少し、人件費が重くのしかかって本数を減らさざるを得ないバス会社。一方、本数が減ることで、お年寄りを中心に貴重な移動手段を失い困惑する住民。この負のスパイラルを打開する手立てとして、自動運転バスの必要性も可能性も高いはずです。

一般的に話題にされる自動運転、無人カーの華やかさはありませんが、社会的意義は十分。そこに着眼した若き起業家の佐治さんと、パーソナルモビリティまで見据えた自動運転の可能性に古くから感じ、自らも取材活動を続けている堀江さんが対談しています。
うまくいかないでしょう。無責任なコメントが多すぎます。年寄りを一人でのせてどうするのですか?!しかも赤字と言っても絶対額は知れていますから、今でも維持しようと思えば、税金で対応できるのです。それができないのですから、無人運転が可能な時代になったところで、優先度は低いでしょう。
追記
レストランも夢物語。今の新幹線でも食堂車を廃止したのは採算がとれないからです。
ここで言う量産化はレトロフィットのことでしょうね

過疎地での自動運転バスで黒字化させるには結構根気強い投資が必要な気がします、社会と規制が追いつくかって部分が特に。
そう言った意味で後ろにソフトバンクがいるのは絶対良いですよね
自動運転サービスが公共交通の一部として機能するといいねー!
今の世でいくと移動が前提となる社会の仕組み。
ただ10年〜20年後、人は何のために移動することになるのか、、
私が夢見る自動運転の世界が、すぐそこに来ています。
「ホテルカー」、「レストランカー」いいなー。
この連載について
ロボット、AI、IoTをはじめとしたテクノロジーによって、飛躍的な進化がもたらされる近未来のビジネスソリューションや、情報革命の “次の一手”を紹介します。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連企業等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
11.3 兆円

業績