新着Pick
333Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
今の子供たちは凄いよねスマホで万能感有りまくりだよね
うちの子をユーチューバーにする決意ができました。堀江さん、ありがとうございます
子どもが興味あることを邪魔しないこと 親が出せるものはお金しかない

これです。親のやりたいことを子供に押し付けてもダメ。子供は放っておけばいいと思います。実際に僕が今、仕事にしている格闘技も、好きで興味があって、勝手に始めました。プロレス、格闘技が好きでやっていたら、仕事になった。

熱中することに勝るものはない。
幼児教育はまだまだ開拓の余地があるエリア(とくに日本は)。Newsweekの『 0歳からの教育』もよく売れていますが、新時代にあった教育の知恵、情報に対するニーズはかなりあるはずです。
堀江さんの「人選び」の基準が極めてアナログな「リファラル」であるということが面白い。起業も採用もセールスも、すべてはリファラルの時代ですね。

"僕の場合は信頼する人がリコメンドをするかどうかを一つの基準にしています。"
ホリエモン道場の後半、残り時間も少なくなってからは、会場にいた皆さんからの質問をその場で受け付ける形に。
会場から飛び出した「もし堀江さんがAppleの社長になって下さいと言われたら…」という質問が個人的にはとても良い質問だなと思いました。
さあ、堀江さんは何と答えたのでしょうか?
子供の教育論をめぐっての幻冬舎箕輪さんとの掛け合いも面白かった。
堀江さんの強さは、超楽観的思考であり、楽観的思考は多動力を極めるためにも必要なのだろうと感じています。
悲劇を喜劇のように捉えられ、次のアクションのパワーにできる人になろうと思います!
「あなたの最終的な目標はなんですか?」は、採用やってると良く聞かれます。
すごい、回答見てたら前よりかなり優しくなってる……w
都会に仕事を求めてくる若者の皆さん、地方にこもって月3万円で暮らす選択肢もありますよ。
この連載について
複数の仕事を同時に動かす力「多動力」。あらゆる産業の壁が溶けている現代の必須スキルとも言える。本特集では著書『多動力』を世に問うた堀江貴文氏と、各界の「多動人」が登場。いま、なぜ動き回ることが重要なのか、新時代の人生戦略について語り合う。