新着Pick
248Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国の家具や家電は、めちゃくちゃでかい。展示販売型ではなく、直送によりコストを下げる余地がある業界の1つだ。備え付けに100-200ドルかかることも良くあり、消費者の利便性や価格優位性を出せる要素がある。
家具購買が通販化するとなると、今以上に「ラストワンマイル」の配達に関する問題が出てくる。
自宅までの配送は、運送業者にとって大きな負担。

家具の物流(引き取りも含む)とリサイクル・組み立てに特化したビジネスをつくったら面白いかもしれない。
家の空間デザインやコーディネート(さらに掃除まで)も付加価値として提供できたら良い。
都市部だと広いスペースを持った家具店があまりないので、本棚等の簡単な家具はアマゾンで買っています。

時として「大ハズレ」もありますが、値段が安価なので諦めもつきます。

伊藤さんたちには、大変ご迷惑をおかけしておりますが…(汗)
AR・VR関連の採用も進めるアマゾンですが、商品アイテムの付加だけでなく、今後購買体験の改善に繋がる分野もより進んできそうですね。
家具を本格的にアマゾンがやるかわかりませんが、物流に関してはクリアする課題が非常に多いカテゴリーです。

1、配送時の傷汚れ
→配送時に出来たものか、商品自体に元々付いていたのか

2、返品等の対応
→部屋のレイアウト、サイズなどとの違い

3、オーダーメイド製の限界
→今後VR、AR等の技術を生かして体験型を目指すのかどうか

最低限この辺りをクリアしないと家具、インテリア等の配送は難しく、逆にネット上での差別化が難しいため価格競争に陥りやすく、薄利のマーケットです。
アマゾンがどっちを向くかは、様々な
業界に多大な影響があると思う。
常に注視している。
すげえ金額。。
まだまた大型家具はハードルがあるかもしれないけど、部屋のサイズや他の家具のサイズなどの情報が全てアマゾンにある状態で家具の買い物ができたらどんなに便利なことか。
IKEAの領域にも…
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
184 兆円

業績