新着Pick
533Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
一度見に行かないとなあ。。
地方が発展する方法の一つに、ITとの融合がある。いち早く風土と環境を整えて、アーリーアダプターを三組以上誘致すれば、後は勝手に自己組織化していく。環境を整えるという面で、四国の規模は有利。
ブロガー、アフィリエイターの村もできつつありますね。
神山が成功例となって、このモデルが少しずつだけど全国に広がっていく気配。自分が思う成功のポイントは空港から車で1時間圏内。日南市がこれに続くと期待しています。
神山には二度行ったことがあり、大南さんのお話も伺ったことがあります。

IT企業が集積する要因として光ファイバー網の整備が挙げられることがありますが、それはほんの一面に過ぎない。

それよりも大きいのが、大南さんのグリーンバレーの方々のキャラクターというかポリシー。
役所には頼りすぎない。奇をてらって地元からの反発を喰らいすぎない。その範囲の中で、まずはやってみなはれ、と言える雰囲気がある。
記事中にある「手届き」という言葉に、それが象徴されているように思います。

これは、都市部であろうが郊外であろうが過疎地であろうが、変わらない条件であると思います。

このような街づくり、コミュニティ形成ができる人材は、正直デベロッパーの中には極めて少ないので、デベロッパーとしてはこの部分においても、社外の方々とコラボしていかなければならないですね。
ICTインフラ整備で移住者が増加した神山町は有名ですね。ほかに移住者が増加したケースとしては、観光資源活用のニセコや小値賀町、一次産品有効活用の海士町や中土佐町、留学活用の北相木村や海士町あたりが有名でしょう。
手届きにあるかどうか。とても素敵。
宮崎のMUKASA-HUB も国際色豊かな人材が集まってきています。まだ模索中ですが、徐々にMUKASAで仕事するスタイルが出来始めてきている。