新着Pick
947Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
来週の私のメルマガに詳しく書くけど、面白い事に気付いた。これピーク時に耐えられるようにインフラ投資続けていくんだと思いますが、「放送」と違って視聴数が増えるとリニアにインフラ投資も必要になって来ます。YouTubeが世界規模で巨大な投資を続けて来てabemaTVは今回YTLに負けてしまった訳ですが壮大なチキンレース。Amazon並みの覚悟が必要です。サイバーエージェントがそこまでやり切れるか。上場してるが故に利益重視になっちまったらたぶんチキンレースに負けます。AbemaTVの現場からは予算が絞られてる的な話を耳にします。コストカッターの某役員がストップをかけてるとのこと。それではYouTubeと戦えませんぜ。赤字覚悟で年間1000億投資する勢いで。で、我々は何をすればいいかといえば亀田戦と同じような企画でYTLに乗っかれば良いんです。タダで使えて広告貰える。そっちのが正解っす。無料モデルのアプリの登録者ってYouTubeのチャネル登録と同じくらいの価値しかありません。
リアルタイム接続数として凄い。

サーバーダウンして見られなかったことで、一般のユーザーは文句は言うだろう。
ユーザーファーストであれば、サーバーダウンと聞いて、試合会場で表情が一変した藤田社長は、その後担当に対して怒っただろうが、業界人からするとこれは確かに歴史的だ。

ただ、裏番組も影響しただろうし、スマホだからテレビと同時視聴で良い、というのがポイントでの数字ではあると思う。

多分、イッテQと一緒に見ていた人が多いと思うので、強いコンテンツの裏番組に、AbemaTVは流し見が出来る尖ったコンテンツを用意するのが、当分の間、勝ちパターンの一つになると思う。
同業者としての正直な感想としては
「やはり同時接続70万、累計1000万超えだと落ちるか」
ですね。何が起きているのかは裏側見てみないとわかりませんが、次はさらに大きなトラフィックをさばけるでしょう。そして、これでネットはコンテンツ次第でマスリーチできることを証明しましたね。すごい!
【追記】
堀江さんのコメントが熱い。CA藤田さんの200億投資では足らず1000億規模で突っ込めと。残念ながらある意味正しい。テレビ、というか放送と違い通信は同時視聴が伸びる限りインフラ負荷が際限なく必要です。さて、どちらが正解かはわかりませんが、亀田戦のようなやり方続けるには投資額200億では足らない可能性も否定できません。敵はテレビではなくYouTubeやAmazonですから。
同時接続70万、累計1000万って凄い。これで
super chat でした投げ銭受け入れてたら、大変な盛り上がり&収益になったのでは。
abema 応援してます。国外から見られないのが残念ですが、帰国時は結構観てますよー
同時接続70万の累計1000万。
見事にマスにウケるスマッシュヒットになりましたね。
AbemaTVだったからこそ出せた数字で再現性があるものなのか、単に企画が素晴らしかったからなのか、その辺りが気になりますね。
しかし瞬間で1000万というのが、ざっくり視聴率10%、地上波のメジャー番組と同程度のインパクトと思っておくとよいのではないでしょうか。Abemaの良いところはテレ朝からも人が来ているので、地上波の規模感が現場にあることかもしれない。
うーむ、これは色々コメントせずにはいられない。
この内容はだいぶ的を外していると思いますよ。

「YTL同時接続最大70万超え、ネットサービスでこれは驚異的数字」(※YTL:Youtube Live)
という主張はその通りだなと思うのですが、

「これはAbemaがどれだけネットで地位を獲得したかの証明でもある」
という主張には、正直「うーーん。。」と思います。
ビジネスの本質とは一体何なのか。

亀田興毅を呼び物にして、「万人受け系コンテンツ」で視聴者数の最大瞬間風速を上げたのはその通りだけど。
ポイントは、動画配信ビジネスにおける競合各社と「利益を上げる面でどう差別化できるか」のはずですよね。

・まず、世界で戦うには、システムインフラ投資の体力的にも、コンテンツラインナップ的にも、大手競合に勝てない。
→インフラプラットフォーム面では、強者のGoogle/Amazonに勝てない。
→ネットコンテンツ配信面では、強者のNetflix/hulu/Amazon(プライムビデオ)に勝てない。

・国内に戦いを絞った場合でも、「マスへのリーチ数」を目的とすると、コスト構造的に(ネットでは)テレビに勝てない。
→ネットでは配信数が増えるほど、リニアにシステムインフラコストが増大するが、テレビは電波塔で電波を垂れ流しているだけで、配信コスト単価は圧倒的に低くすむ、という話。これはひろゆきの主張にもあるとおり(※後述)。

なので、「国内のみをターゲットに」「TVと差別化したコンテンツ(基本ニッチ系)で」「有料課金モデルで」勝負するしかないと思います。
その方向なら視聴者を絞って同時配信数も限られてインフラコストも抑えられるし、投資対効果の高い事業として展開できる可能性があると思います。

また、システムインフラコストは極力下げるべきですね。(Netflixも頑張ってクラウドサービス(AWS)に移行していたことは記憶に新しいです。)

さて、このCAの中の人は感情的になってこんなこと言っちゃっていますが、質実剛健な藤田さんは、冷静にビジネスとして攻める場所をピンポイントにわきまえているんじゃないかなあ。

【参考記事:「AbemaTVは失敗する、コスト面で本質的に無理」(西村ひろゆき)】
http://netgeek.biz/archives/91509
「競合らしき競合は出る気配もない」
市場を開拓するという離れ業を、今まさに目撃してるのかもしれない。偉業も、積み重ねで起きる。
堀江さんのコメントに納得
コンテンツで勝負するのか、インフラも含めたコンテナ、コンベアで勝負するのかはかなり違う
際限なく投資出来るわけもないでしょう。番組制作にも従来のネット番組とは比較にならないほどお金をかけているAbemaTVですが、地上波と同じ作りをする必要はありません。視聴者もそれは期待していないと思います。それより内容をしっかりしたものを作るべきです。