新着Pick
307Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
いま、堀江貴文イノベーション大学校内で、未踏プロジェクトとかティールフェローシップ的な事業を始めようと準備してる。
Lidarの開発はかなり激化しているので、そこに飛び込んでいるのはすごい。

Lidar専門じゃないので概要しか知らないけど、
1550nmのレーザーを用いたLidarは一般的に高出力でも安全性が高く、実用性もあり、今後かなり普及する可能性がある技術です。一旦、性能で他社との差別化ができればアメリカならすぐ資金集まって量産できそうで、期待大ですね。ただ、Velodyneは黙って見てる訳はないし、現状でVelodyneが頭一つ抜けてるのは変わりない。
強烈なリバータリアンであるピーター・ティールは、大学教育も不必要であるとして、有望なアイディア持っている若者が大学教育諦めたら10万ドルを提供するプログラムを行っている。この記事のオースティン・ラッセルもその1人。もし彼がこのまま成功すればピーター・ティールのプログラムへの関心も高まりそう。同じく大学不要論展開している堀江さんもティールと連携したら面白いのでは。
部品屋でも関係しそうな領域などもやっているとイノベーションにつながるってことかな「拡張現実やワイヤレス給電のプロジェクトに関わったことがきっかけで、3D画像技術の開発を思い立った」
この領域で起業する意志を持ったことがすごいし、すでにここまで認められてお金が集まっていることが2重ですごい。
ルンバに搭載するのは面白い試みですし、想定外の障害物や事故の検知には良いテスト→データ収集になるのかもしれません。