新着Pick
453Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スマホ時代の中国でのBaiduの存在感は前に比べたら少し落ち目かもしれないけど、検索は今でもBaiduなので、そこまで落ちてないと思う。
2008年頃にBaiduにいて、その優秀なエンジニア達と仕事した経験から言えば、今もAIへの投資や次世代のサービスを考えてると思うので、中国のインターネット市場での存在感は確実にあって、次に何を仕掛けてくるか楽しみだけどな。
スマホの変化に合わせて新興企業が出て来たのは当たり前で、(日本で我々のLINEがチャンスを掴んだように)Baiduは日本で言うならYahoo! JAPANみたいな感じだけど、それよりずっと技術力もお金も持ってるパワープレイヤーだ。
百度は典型的な広告モデルのネット企業だが 肝心な検索広告の信頼性で ノンクレジット検索広告をマネタイズの
ひとつとしてユーザーの信頼を失っていった。検索結果も当然、権力の情報統制下にある。これでは海外での競争力もない。Googleモデルの追走の自由もないだろう。この様な企業がケイマンスキームで米国上場していく。かなりグローバルなオウンゴールに近い。
そうなんだー 2008年に上海交通大学のサマーコースで教えたクラスのCAD演習中に、教室の後ろに歩いていったら、ほぼ全員が百度開いていた(一部はCADさえ開かないで)のを思い出しました。。。。
Googleで検索担当PMをしていたときに同じアジアの同僚と話すことがあったが、当時は中国はBaidu、韓国はNaverが圧倒的だった。結局、中国からはGoogleは撤退してしまった。

ここで書かれているBaiduの問題は、そのままGoogleにも当てはまる。ただ、Googleは検索がコアなのは変わりないものの、スマホを抑えたことで、検索を検索からアシスタントへと昇華させることに成功した。ブラウザなど下回りを抑えることで、検索体験を大きく変えることが出来たのだ。Lary Page体制になってから、それまでバラバラだった製品の統一と連携を強め、アカウントを持つことで始めて利点を享受できるようにしたことも大きい。

この後、Baiduがどうなるかわからないが、ビジネススクールの良いケースになりそう。
FacebookやGoogleにも共通している、生き残るプラットフォームに共通しているのは下記3点の領域に力を入れていること。

①スマホシフトへの対策
※これは当たり前
②メッセンジャー(コミュニケーション)領域の強化

参考:フェイスブック、メッセンジャー強化に本腰
https://newspicks.com/news/1787367

③決済領域を抑える
決済領域は圧倒的にアリババが強い。
参考:凄い勢いで進む中国のキャッシュレス社会、既に想像の遥か上に到達
https://newspicks.com/news/2215595

参考:アリババ、日本で電子決済 中国最大手、来年にも
https://newspicks.com/news/2200426
市場価値の日本円換算額が一桁小さいです。Tencent34兆円、Alibaba27兆円、Baidu7兆円です。凋落と形容するのは言い過ぎかもしれないが、相対的に劣後しているのは否めませんね。中国のネットサービスはスマホをベースに急速に発展していて、その中でBaiduは相対的に消費者との接点が相対的に少なくなってしまっている。何か買いたいものを探しているのならTaobaoやTMallを見ればいいのだし、支払いもそのまま出来る。Wechatは最早生活インフラになっている。Baiduは劣勢を挽回しようと巨額の資金をO2O関連に投資してますが、上手くいかないとますます2強との差が広がりそう。
訪日客の中国人に「旅行中、日本国内で使うアプリやサイトは何?」というアンケートを地道に取ってますが、Google map強し。
一昔前までは、「中国人は慣れ親しんだサイトやアプリしか使わない」なんてインバウンド向け広告を売りにくる営業マンが言ってましたが、実際必ずしもそうでは無くなってきている。
とくにこれから更にビザ緩和され訪日客が増える中、一般市民の知識は高まるばかりです。胡座をかいているようではダメでしょう。

百度の日本国内のマップ、百度マップは広告出稿したところしか載せないという姿勢で臨んでいるため、スッカスカで使い物になりません。

プラットフォームとして、どの立ち位置から攻めるか、百度は間違っていると思います。顧客視点を捨てて、利益だけを求めるようでは、中国国外では立ち行かなくなるでしょう。

その点アリババやテンセントは顧客視点での利便性やニーズにあったサービスを次々と生み出しているため、著しい成長を遂げたのでしょう。

中国に限らず、ネットの世界に国境は無いので、世界基準でビジネスを舵きりしないと、死にビジネスになると思います。
バイドゥはシリコンバレーなどに研究所を設け、AI分野に注力している印象を受けますね。GoogleのDeeplearningと張り合っているので、こちらでマーケットを獲得できれば様々な分野へ今後応用可能だと思います。

あと、テンセントが先日ブロックチェーンに関する取り組みを政府と進めていると言うホワイトペーパーが公開されましたが、こちらがどう普及するかも注目です。

Internet Giant Tencent is Building a Blockchain Platform
http://www.coindesk.com/internet-giant-tencent-blockchain-platform/
2008年に北京で仕事していたときは、バイドウがっつりだったんですけどね。
やはりスマホと電子マネーに乗り遅れたのは痛かった。わかりやすいケーススタディになりそうです。

サッカーファン向けにはこういうのがあります。
http://trends.baidu.com/football/?locale=en
でも使い勝手が悪い(苦笑)。
百度は毎日仕事で使います。企業情報を調べるのに使いますがグーグルと比べると明らかに使いづらい。広告優先表示なのでその会社のオフィシャルサイトよりも人材会社のページの方が優先表示されたりと分かりづらいことこの上なし。でも他に選択肢がないので仕方なく使っています。ちなみに百度地図はとっても重宝しています。グーグルマップと比べても遜色ない。
百度(バイドゥ、)とは、中華人民共和国で最大の検索エンジンを提供する企業である。創業は2000年1月で本社は北京市にあり、その他「百度百科」、「百度入力方法」なども提供している。 ウィキペディア
時価総額
4.01 兆円

業績