新着Pick
298Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
10代を対象にできるビジネスを生み出せる経済は、長期的に繁栄していきます。20年前、さかんに「ゲーム脳」という言葉が使われた。ゲームに熱中しているときの脳波は、痴呆者と同じだったということだ。しかし…、20年たってみれば、ゲームで育った子どもたちが、次々とイノベーションを生み出している。

ゲームの前は、テレビが悪者にされ、ロックが悪者にされ、漫画が悪者にされ、映画が悪者にされ、いまはソーシャルが槍玉にあがりはじめた。

日本の問題は、10代を熱中させられる、子供心をもった大人が少なくなっていることだ。逆にいえば、そういった「子供心をもった大人」が集まるコミュニティ発のサービスをつくると、ブランド化し、その先にスケールが可能になる。

ブランドとスケールは何も矛盾することがない。
・インターネットが突然、統制されるのではないか?
・Facebook筆頭に、今のウェブは若者寄りすぎないか?
・スケールよりブランドを大事にすべきでないか?
・飛騨高山の子どものすごさ

などなど、興味深い論点が満載。『ゲンロン0 観光客の哲学』でもその力がいかんなく発揮されていますが、東さんの思想と現実をつなぐ表現力は傑出しています。

今回の特集を通じて感じましたが、抽象的な議論ほど、実はいちばんビジネスや生き方のヒントになります。

今後も、ファクトをベースにした、リアリティに満ちた記事とともに、思考を刺激する抽象的な議論もしっかり取り上げていきたいと思います。
「「自分が不幸なのはコイツのせい」と帰属処理するためのツールを与えてくれるんだね、ネットが。」。そう思う。小人閑居して不善をなす。「あるもの探し」という話もイイ。あるものはいっぱいある。
世の中(マクロ)はアレだけど、俺たち(ミクロ)はコレだぜ。という位置関係ってどうなのか、と最近思うことがあります。

コミュニティという現象は、いろいろなケースで相似形(フラクタル)で、要は拡大しても縮小しても同じ傾向が観察される、ということが社会物理学でわかってきたからです。

今後、データが増えると、更に検証される事例が増えるでしょう。
二人の話の内容が対照的で、編集の問題かもしれないがあまり噛み合っていないようにさえみえるが、だからこそ考えるきっかけにとても良いコンテンツでは。
神田さんのコメントが勉強になる。

------------------

10代を対象にできるビジネスを生み出せる経済は、長期的に繁栄していきます。20年前、さかんに「ゲーム脳」という言葉が使われた。ゲームに熱中しているときの脳波は、痴呆者と同じだったということだ。しかし…、20年たってみれば、ゲームで育った子どもたちが、次々とイノベーションを生み出している。

ゲームの前は、テレビが悪者にされ、ロックが悪者にされ、漫画が悪者にされ、映画が悪者にされ、いまはソーシャルが槍玉にあがりはじめた。

日本の問題は、10代を熱中させられる、子供心をもった大人が少なくなっていることだ。逆にいえば、そういった「子供心をもった大人」が集まるコミュニティ発のサービスをつくると、ブランド化し、その先にスケールが可能になる。
→これはきわめて当たり前の話で、社会のボリュームゾーンはそこの世代ではないからです。

これはあくまで日本を視点に考えた話で、世界規模で見ると社会を作り上げていくのは今後ソーシャルメディアネイティヴの世代です。この記事を拝読したところ若い人は日本から出て、20年後に日本に戻って来て活動するくらいが丁度良いかなと思います。
確かに所々噛み合ってないし、前回と比べると議論も深まってないように思います
この連載について
ウェブ、ソーシャルの波に続く、新たな波が押し寄せている。AIなどのテクノロジーは世界と日本をどう変えるのか。社会、思想を中心に描いたSeason1に続き、Season2では、企業と個人を中心にして、ポストウェブ、ポストソーシャルの世界を有識者とともに考えていく。