新着Pick
330Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
(追記)濱松誠さんの力強いコメント。何か形にできれば、皆さんも企業側も大したものだと思います。頑張って下さい。
(原文)大企業若手の「One JAPAN」 40社250人、注目しています。ただ、本当に何か結果を出せる人達は、大企業の器にはおさまらなくて出て行くような気がします。こういうやる気のある若者達を伸ばせたら、その大企業は大したものだと思います。
え?ええ?まだこういう宣伝フェーズなの?
https://newspicks.com/news/1952015

次の記事こそ何らかの成果を共有してくれるものだとばかり思っていました。
One Panasonicはまだ分かる。同じ会社だから。でもOne Japanは私にとって極端に言えばスペルミスしないSEALDsと同じ。

東芝やシャープを見ていても分かるけど、Oneなどというものはない。むしろ自分がそのOneといった幻想に頼らない人材になるべきだというのが私の意見。

「怖いのは、ガレージで新しい何かを始めた連中だ」
ガレージで始める連中はOne Japanなどにはいない。
神々の領域。
いいシナジーが生まれるといいですね。大企業だとどうしてもひとつのやり方に固執してしまいがちなので、他業種の考え方は刺激にはなります。
顔出しされている方が増えている。いいですねー。世間的に「若手」なのかどうかはいざ知らず、同世代の方も多いと思うので応援したい。佐山さんもコメントされている通り、やればやるほど母体を飛び出たくなりそうな気はしますが。。。
One JAPANの濱松です。
皆さん、コメントいただきありがとうございます。

発足して半年が経ちました。
26社120人から45社400人まで増えました。
今回は各団体の代表者を掲載いただきました。

プロダクト・サービスについては今仕込んでおります。もうしばらくお待ちください。
副業・兼業、介護等についての1500人の声と提案を今月発表します。

佐山さんのおっしゃる通り、何かやる人は辞める人が多いですが、辞めないという選択肢もあります。というか、辞めた人と連携して価値のあるサービスを創っていけばいい話です。豊富な社内リソースを使う人を増やしていくことが重要です。

時間がかかる取り組みです。
それぞれが力を合わせてコレクティブ・インパクトを出して、日本・世界を少しでも良くしていければと思います。
世の潮流で考えると、大企業であっても企業の枠を超え、中の人同士が繋がることは不可避。であれば、経営側としては不可避に抗おうとするのではなく、緩やかに企業の内に取り込んでいきたい。そして、それをわかった上で、ここから何を成し遂げるのか。

この繋がりの大きなポイントは繋がることではなく、繋がった先で何が生み出されるかであり、生み出されたもので判断しなくてはいけないし、この動き自体は加速されるべき動きだと感じます。

そして発信するからには、自分自身どこにいて、どういう立場であれ、常に生み出す側にいなくてはいけないなと思う、仕事終わりの土曜です。
こういう動きはいい。どんどん是非もっとやってほしい。デッドロックになっている日本の社会に風穴を開けるのはきっと若者だ。
中心的な方の顔と経歴を紹介されている珍しい記事。
この取り組み、あくまで個人の参加ではあるけれど会社組織としての賛同は必須ななわけで、ここへの参加を了としている会社には自己変革への欲求というか未来を感じます。
(でも、ここでもやっぱり女性は希少なのだという絶望も・・)
紹介されてる名前をぼーっと見てたら、何回か会ったことのある高校の後輩が出てた。

神原一光/NHK

なんかふわっとしている記事だなぁと思って読んでたが、知り合いが出てると、期待が出来そうに思えてくる。応援!(現金なもんですが…)
富士ゼロックス株式会社(ふじゼロックス、英語:Fuji Xerox Co., Ltd.)は日本の機械メーカー。富士写真フイルム株式会社(現: 富士フイルムホールディングス)とイギリスの現地法人であるランク・ゼロックス(現: ゼロックス・リミテッド)社との合弁会社として1962年 (昭和37年)に誕生した。本社所在地は東京都港区(東京ミッドタウン)。 ウィキペディア