新着Pick
670Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本で起業教育を行っている学校としては、品川女子学院が有名ですね。
実際に文化祭で自分の作品を販売し、決算も行います。

以前、品川女子の漆校長とイベントで登壇した事がありますが、面白い話を聞く事ができました。

「受験で忙しい時期に、そんな教育に時間を使っていては学力が低下するのではないか」という他校の先生からの質問が多いとのことです。
しかし実際には、品川女子では起業教育を始めてから生徒の学力偏差値は20も上がり、一躍受験においても名門校となりました。

それは生徒が、それまで受験勉強に使っていた時間から起業学習に使う時間を差し引いた時間を受験勉強に使ったのではなく、実際には学生が自発的に受験勉強の勉強時間も増やしたからでした。

すなわち、起業教育を受ける事で自分のやりたい事が明確になり、勉強のモチベーションも上がって成績も伸びる、成績が伸びたからより目標がより現実感を帯びてくる、という正の循環が始まったということでした。

日本に必要なのは、「自分の目的を創造して、それを実現する力」を育む教育だと思います。
そのためには、「まずはやってみて、チャレンジする楽しさ」を感じてもらう事が第一歩。その小さな成功体験の積み上げが将来の大きな成功、社会価値創造につながります。

「出る杭を打つ」のではなく「出る杭を育てる」教育が日本にも必要ですね。
ザッカーバーグ、ゲイツ、スピーゲルみんな子供のころからボーディングスクールや高額私立に通ってカネをかけて最高の教育を受けています。ハーバードやスタンフォードの在学中には起業しているので、実は「大学以前」の教育の方が影響していると思います。

佐々木編集長の「日本3.0」では日本は高校までは超一流・大学が3流と書かれていますが、その点は全く同意できません。それって、単なるテストスコアの話でしょ、と。高校3年次の日本とアメリカの野球レベルを比べるみたいなもので、ポテンシャルの育て方は日本の教育は酷いものだと思います。
起業家精神も、一日商店から。商売を体感できる機会はいいですね。インセンティブが明確で学びが多く工夫が生まれる。

ちなみに1イベント230人の子供が参加し2300人が買い物に来た。納得の数字。単発イベントなら親はもちろんその周辺の人も来てくれますからねー。初回の成功体験づくりになる。
でも、継続して売れるって大変だぞー(^^)。
起業教育は日本でも遠からず普及するでしょうね。

記事に出てくるマネーの虎ですが、これだけ時間が経っても記憶に残ってるので、テレビの企画としてはかなりレベルが高かったのだと思います。

子供たちに起業ファイナンスの現実を伝える意味でも、現代的なパッケージでもう一度制作してほしい。

放送後に倒産するような、キャラクター重視のキャスティングではなく、現役のVCキャピタリストや個人投資家に出演してもらいたいところ。

まあピッチでいいよねという話ですが、そもそもスタートアップコミュニティってかなりクローズドなので、VCの目利きや投資基準などに若いうちから触れられる機会があれば、起業への興味も増すように感じます。
『金持ち父さん、貧乏父さん』を思い出す内容でした。

「自分が得意なことや自分が楽しめること、そして世界が必要とすること(少なくとも人々がお金を払ってもいいと思うもの)を追求する」習慣は、人生の財産になると考えます。

日本でも、起業される方の多くは、学生時代にそれを決めているように思います。

その後、起業しなかった場合でも、一つの会社に頼らない生き方を正として毎日を送ってますので、結果的に、必要とされる人材に育つのだと思います。
肌感覚で経験し、教科書で理論を学ぶ。一番腑に落ちる方法だと思います。

教科書の知識は忘れるけど、知識が経験とリンクした時、自分のスキルに昇華するためです。疑似体験も同様ですが、なぜ失敗したか、もっとうまくできなかったかを検証する機会が多いほど、成長の機会は多いと思います。
日本もドンドン飛び級を増やすと良い

世界でただ一人、自分しか理解出来ない「宇宙際タイヒミューラー理論」でABC予想を証明した望月新一教授は16歳でプリンストン大学に入学、3年で卒業し、4年で博士号を取得した

最も教育効果が高いのは幼児、次が小学校、次が中学校

高校生や大学生になってからでは遅いので高校無償化や私学助成金と言った税金の無駄使いはやめて幼児教育に投資するべき
今生まれ変わったらこういった教育を受けてみたい。
生まれた環境や能力に関わらず、自らが選択できる教育環境は必要だと思います。その延長線上に起業という選択肢があれば、それが大きな原動力になりそうですね。
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
60.9 兆円

業績