新着Pick
211Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
待機児童問題をなくしたく、キッズラインができる取り組みをいろんな角度からやり続けてまいります。
こちらの記事ではキャンペーン意図のみならず、私達が大事にしているキッズラインの安全性に関しても取材いただきました。
これには私も驚きました。
値段が安くて人材も保育士さん、しかも高額の保険にも加入している。
会社の儲けが出ないんじゃないかと…(笑)

保育所を新たに建設するには時間がかかります。
しかし、子供の成長は待ったなしです。

多くの自治体が、このようなシッターサービスに補助金を出すべきだと強く思っています。
官がダメなら民へ。
一瞬軽い感じの販促企画のようですが、社会問題に斬り込んで、更にブランド認知向上につなげている所が良いですね。
辛いことを笑顔と共に、問題解決する力必要です。
待機児童を無くすと言うことは国が頑張っても難しいようです。
しかし、働きたいと思っている母親は待っていられません。
ITを駆使した安いサービスがでて来ることは良いことですね。
どんどん広がって行けばいいと思います。
これだけ「保活」「待機児童」等々、働く子持ち家庭が「こどもを産んだら仕事を辞めさせられる問題」が深刻化して、かつ保育園を闇雲に増やすという選択肢も取りづらい(少子化の影響や人材&場所不足)なかで、保育園という解決策を前提にすることでしか議論しないのは、課題解決としては頭打ち感ありますよね。
もっと楔を打つような解決策が必要だし、多様な解決策がないといけなくて、そういう意味でこのキッズラインさんの取り組みは本当に感銘を受けました。潜在的なニーズ、課題探索にはもってこいなキャンペーンだし、会社としての覚悟を感じますし本当にすごい。

キッズラインは単価も安く、レビューも充実していて、実際に質も高い。知人がここに登録していて高レビューをいただいてる人気シッターさんをされているけど、安心して気軽に使うことができるサービスなんだなという印象です。
興味深いビジネスモデルですね。
これで待機児童が少しでも減れば、素晴らしい事だと思います。
うまい!ぜひこのサービスの認知が広まってほしい!

(元同僚や小学校の友人が働いてるのもあって、応援してるサービス)
保育所を作り、保育士を育てるには年数がかかるし、ハコを作ればその後も残る。
他方で、出生者数は今の約100万人から10年で20万人減少し、その後も減少していく。
でも、今は需要に応えられていない。
それならば、ハコヒトを作るだけのアプローチでなく、ベビーシッター産業を時代のつなぎとして、うまく活用できる環境づくり、支援を行うことも重要なアイデアだと思います。
(同じニュースに投稿しています)
これバズってるな
サービス視点ではないですが、社会課題の解決に紐付いたキャンペーンとしてうまいやり方だなと思います。

・共感を呼びSNSで拡散される可能性が高い企画になっている
・1万円でファンを獲得+PR効果を見込める仕組みである

社会課題に切り込むキャンペーンは、これからの企業にとっても必要な視点。
新着記事一覧
女性たちの「他愛もないおしゃべり」という武器 男性こそ見習うべき、会話の「内容」よりも重要なこと
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
6Picks

秋こそキャリアについて考えるべき3つの理由
Forbes JAPAN
3Picks

パタゴニアのCEOは、なぜ日々の生活にメディテーションを取り入れているのか
Business Insider Japan
4Picks

自分で「働き方」を選ぶ時代へ。転職のプロ”キャリアアドバイザー”の本音とは
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
32Picks

学費高騰の中でも行く価値があるのは、この大学――米CNBCによるランキング発表
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
4Picks

政治家がツイートで一般人を口撃していいのか - 試験は対話力重視、自らはブロック
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
2Picks

私たちは「ポジティブであること」を、絶対視していいのだろうか
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
5Picks

「ヒドい台風が来た、翌年の桜」はあまり開花しない可能性
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
2Picks

ハンガー選び3つの落とし穴、だから収納・取り出しがうまくいかない! - タスカジ最強家政婦seaさんの人生が楽しくなる整理収納術
Diamond Online
5Picks

ペットの主治医はどこまで信用できる?「誤診」を疑うことも必要 - News&Analysis
Diamond Online
3Picks