新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

157Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
高田さんの例は非常にわかりやすいですね。わかりやすく言うとインフルエンサーマーケティングは、今まで企業の商品やブランドに付いていたファンが人に移っていったと理解すればイメージしやすいかと思います。

企業は昔からファン作りとして、商品を題材にしたコミュニティ育成やサークルなどを作って、商品とユーザーとの距離を縮めて、ファン同士でシェアしてもらうように誘導していたものが、今は個人のソーシャルアカウントや動画で同じ事が行われるようになってきているのです。

動画に関しても、米国では特に主婦層が商品の購入前にYoutubeで実際の動画を確認して購入するなどの傾向も出てきていて、今まで若い層が動画から刺激を受けていた時代から、ものを積極的に購入する層まで広がりを見せ始めているので、動画自体のマネタイズは今後も進んでいくだろうと思います。

Facebookも通常広告動画に加えて、360度動画や、音声のオンオフで広告効果を検証できる機能などを研究し、かつ実証段階まで持ってきているので、マーケターのプロモーションチャネルとしての動画は今後も重要な立ち位置を締めていくだろうと思います。
米国では、インフルエンサーの立ち上がりは個人やスタートアップが多かった。Youtube出身者、CAA出身者、クリエーター自らがスタートアップを立ち上げ、主導してきた背景がある。今はそのコンテンツ企業からエージェントからプラットフォーマーまでの大企業が利用するだけでなく、プレーヤーとしても参入するマーケットになってきている。
そういう意味では、ブライアンがジャパネットたかた的なEC動画をやったらすげぇ売れそうなのが作れる気がするんだよね。
いま最もホットな領域のひとつである動画。インターネット領域の今ままでの進化が集約されている総合格闘技の様相を呈している。

『コンテンツ作成力』x『コンテンツ配信力』x『マネタイズ力』

コンテンツ作成力:ユーザに刺さる本質的な質の高さと、マネタイズとのバランスの中でのエコノミクスが見合うコンテンツを、規模化して作成する能力

コンテンツ配信力:SEOや分散型といわれる他プラットフォームへの配信も含めたいかに広くリーチを拡大し、ユーザ獲得単価を下げるかというアドテクにも類似した能力

マネタイズ力:インフィード、プレイロール、ネイティブアド、ペイドコンテンツ、プロダクトプレイスメントなど数々の広告手法がある。コンテンツ課金にも都度課金、サブスクリプションなどの複数手法がある。加えて投げ銭や動画コマースなどの新しい課金手法も生まれる中、ユーザエキスピリエンスを損なわないまま、複数手法を組み合わせてマネタイズを最適化する能力

と、各能力のフロンティアを試されているという意味でも非常に面白い領域となっている。
BtoBで置き換えると、ジャパネット高田さんとなり得る経営者や有識者は誰かを掴み、抑え、インフルエンサーとなってもらうことが大切ということ。確かに、沢山バナー広告を出すよりも効果が高そう。
要は共感。
SNSがここまで広まったのも「共感」。
人を中心にコミュニティが形成され、コミュニティの中で消費が喚起される時代。
インフルエンサーとつながっている=インフルエンサーの周辺にあるコミュニティにリーチできる方法をもっているという意味となる。ブームとなる前のタイミングで次世代インフルエンサーを発掘し、独占契約を結べるかがどうかが、インフルエンサーマーケティングの会社にとっては重要。