新着Pick
237Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
甲斐さんはゴールドマン時代の後輩ですが、これはすごい調達。
プロダクトリリース前に累計21億円の調達は聞いたことがない。

何がでてくるのか本当に楽しみです!
ゴールドマン時代の優秀な後輩、甲斐さんが代表を務める会社。
創業間もなく総額21億円を集めるのは流石の一言。

しかし、記事を読んでその価値は十分にあると納得。

通常、金融出身者がこのようなサービスを作る時、リターン最大化のアルゴリズムだけに着目する。
それはそれで正しいのだが、どんな優秀なアルゴリズムを組み込んでも、常に勝ち続けるのは難しい。

リターンを前面に押し出してユーザー(投資家)を集めると、ユーザーはそこしか見なくなるため、
少しでも損失が続くとユーザー離れ(解約)につながり、特に「勝ち続けることは不可能である」という
金融教育を十分に受けていない個人向けでは、サービスは長続きしない。

しかし、FOLIOの素晴らしいことは、リターンだけでなく「楽しさ」「興味関心」「学び」の要素を入れていること。
リターン以外の、本来の株式投資にとって重要な部分に目を向けさせている。
流石です!
FOLIOは化けそうですね。
Folioさんは弊社お金のデザインと同じ資産運用系のスタートアップです。資金調達おめでとうございます!このスマート資産運用の市場は、スタートアップ同士のシェアの奪い合いではなく、広大な伝統的な資産運用市場あるいは預貯金市場のデジタル化の勝負ですので、市場が活気づくのは非常にうれしい限りです。

Folioさんも素晴らしい投資家の皆様から大型の調達を成功させていますが、ロボアドバイザーの会社を創るには多くの資金が必要であることを弊社でも実感しています。お客様の資産をお守りするセキュアなシステム、証券会社として法令で求められる体制の整備、UXの良いプロダクト開発など、リーンに始めるわけにはいかない事業です。他のスマート資産運用のスタートアップであるウェルスナビさんも公表されているベースで総額20億円以上を調達されており、弊社お金のデザインでも公表しているだけで25億円以上をこれまでに調達しています。

Folioさんの特徴は自分の好きなテーマに基づいて投資を行うところです。アメリカではMotif Investing(セクターなどのビジネステーマに投資)や、OpenInvest(社会や環境問題などの課題に投資)などが先行しています。OpenInvestは、トランプ大統領の就任直後に、"Divest Trump"というトランプ氏と関係の深い企業をショートするテーマを発表し、話題になりました。

Folioさん、一緒に業界を盛り上げていきましょう!
テーマ別なので、おそらくボラティリティは低下しないでしょう。
その代わり、個別株と違って起業単独のリスクは回避できます。

手数料が安ければ、面白い商品かもしれません。
テーマ=興味関心を軸に投資ができるという発想は面白い。
短期的なリターンを期待しすぎると、個人の投資意欲もサービスも長続きしない。
独立のスタートアップが、いきなり第1種金融商品取引業者(いわゆる証券会社)というのは凄い。ここ2年くらい、何社か出ている。
レギュレーション上、第1種金融商品取引業は厳しい資本的な規制があるので、結局フィンテックにエクイティファイナンスが付くからできるようになったこと。
個人的にこの手の資産運用サービスの肝は、テーマ別×スマートベータだと思っている。ただのテーマ別なら個別株か領域別ETFでいいし、ただのスマートベータならすでにETF等で選べる状況だ。テーマ別×スマートベータのメリットで手数料がペイすればよいが、あとはその辺りの見極めだろう。
実際、投資をやろうと思えばすでにもうハードルは十分低くなっているし、管理もさほど煩雑でなくなってきている。何より「命の次に大切」といわれる資産運用のことなのだから、あまりにもお任せにしてしまうのは、それこそリスクだと思う感性が大切だとも思います
コメント欄に甲斐さん甲斐さんと載ってるから誰かと思ったらあの甲斐さん!
家族共々お世話になっております!
イランから応援してます!
FOLIOがどこに競合優位性を築くのか注目してます。
石原さとみを起用している企業群ポートフォリオを希望します!

業績

株式会社ジャフコ(英語: JAFCO Co., Ltd.)は、日本最大のベンチャーキャピタルである。 ウィキペディア
時価総額
2,451 億円

業績