新着Pick
392Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まあ、入国停止対象者をアメリカにつれてっても、入国できないんじゃ搭乗する意味ないので、確かに断るのは一理あるかと。

でも、最低でもラウンジを開放するとか、そういうAirbnbみたいな対応とかもしてほしい。対象者がまだいないとかそういうのに関わらず、アメリカの措置をそのまま鵜呑みしてる感が、あまり賛同できないw
https://newspicks.com/news/2032701?ref=index&block=technology
第二次世界大戦でナチスに迫害を受けた6千人を超えるユダヤ人避難民などにビザを発給した外交官、杉原千畝氏のような「現代のシンドラー」が再び現れるような日本国であって欲しい。
(アメリカじゃないけど)入国できずに日本に戻ってきたことがある人が通りますよっと。

この場合、航空会社が自分たちの費用で帰りの飛行機を出さないといけません。当日に便を組み直したりして、ものすごく混乱が生じますし、場合によってはその客が泊まるホテルを手配しないといけません。結構高くつくし、責任を取れない事が多いので受けられないんですね。

ちなみに僕はインド空港のベンチで「ここで3日待ってろ」と言われたのをなんとか交渉してその日に戻してもらいました。これは忘れられない思い出ですね。
両社とも民間企業なので、運送契約を締結する義務はありません。

入国に際してトラブルが発生し、他の乗客に迷惑がかかることを怖れての措置でしょう。

企業の社会的責任も、一国の方針の前には無力というだけのことです。

自身が経営者の立場にいたとしたら、この措置は非難出来ないでしょう。
斎藤さん言うとおり、普段から日本の空港でも他の空港でも、ビザのチェックはしていますね。ビザが必要な国にいくことが多い私はいつも、チェックインカウンターでもっているかどうか確認されます。アフリカから欧州にいくときなどは特に厳重に(日本人はビザがいらないことが多いのですが)。ないと乗せてくれないのでしょうし、入国できる保証がある人だけが飛行機に乗れるのだと思います。
運んでも入国させてもらえなければ仕方がないですが、理不尽な政策が今後どう展開するかに注目したいと思います。
一時的なことでもあるだろうし、丁寧な対応をして貰いたい。
トランプ大統領の発言の影響が、日本にも。IATAの周知についての記事はこちらにあります。
https://newspicks.com/news/2032552
事前に何ら周知されていない大統領令というものの拘束力がよく分からず困惑しているのが現場(入国管理)の実態ではと思われます。ただし、最高裁判所や議会で違憲等の判断が下され対抗措置が取られない限り、やはり法的には有効とのことですので、対象国の人は入国できない可能性が高いと考えざるをえません。

一般に、入国拒否旅客は航空会社の責任(関連費用は航空会社負担)で出発国へ送り返す必要があります。ですので、チェックインの際にはパスポートとビザをチェックさせていただき、到着国の入管に問題がないことを確認しています。アメリカで入国できない可能性があるお客様をチェックインしても仕方ありませんので、問題がクリアになるまで一旦日本でお待ちいただく、とお考えいただくしかありません。
テロ対策ということで、一部の属性を問答無用で入国停止したのであればIATAは一国の主が決めたことに従わざるを得ない。

実質は対象者をもう少し細分化しているのではないでしょうか?!

業績

ANAホールディングス株式会社(エイエヌエイホールディングス、英語: ANA HOLDINGS INC.、略称: ANAHD)は、東京都港区に所在する日本の会社で、航空輸送事業を主力とするANAグループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
1.29 兆円

業績