新着Pick
94Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
海外旅行先の人気第2位が日本なのですね。沢山来て頂けるのはありがたいことですね。ホテルや飲食店の予約は取りづらくはなりそうです。
とんでもないことになってるな。。
ベトナムでも26日からテト休暇(旧正月休暇)に入る企業が多いです。
帰省する人が最も多いですが、海外旅行に行くベトナム人も増えており、特に旧正月休暇のないタイに行く人は散見されます。

駐在の日本人もこのタイミングで日本に帰る人は多いですが、日本本社が営業しているため日本で会議があるという方もいらっしゃいます。ただでさえ年末年始休暇や祝日が少ないので、テトは休めるといいのですが…。

ベトナム国内はほとんどの商店が閉まります。最近ではコンビニが増えてコンビニや大きいショッピングモールくらいはやっていますが、家にいる以外ですることはあまりありません。ダナンなどの観光地については通常通り営業しているところが多いようです。
2月に閑散期になる業種は多いのですが、春節によって観光地は助けられています。飲食・小売が特にそうで、この数年で春節に向けてしっかりシフトを組むように変わりました。
30億人とは春節の間に移動する"のべ人数"です。つまり帰省往復で2人移動です。恐らく一部の方が2度以上旅行されるので30億人となるのでしょう。正に民族大移動です。数年前まで駅は切符購入者でごった返していましたがスマホの普及で随分便利になっています。中国の旧正月は春節、ベトナムの旧正月は節(テト)、ベトナム戦争時のテト休戦は有名。日本でも昔は田舎で旧正月を祝う風習が残っていました。今は節分が名残です。爆竹で邪気を追い払うのが中国やベトナムで日本は豆で鬼を追い払う。
毎年恒例の風景になってきましたね。日本の流通・小売りにとっても重要な時期。以前も書きましたが、日本では2月・9〜10月の売り上げが小さい時期だったが、春節、国慶節のおかげで一気に売り上げの好い気に月になった。
北京では、ここ数年春節に北京にいる人がめっきり減りました。
今年は、大気汚染防止のために、花火も爆竹も厳しく制限されるでしょうから、ますますつまらなさそうです。
株式会社安川電機(やすかわでんき)は、福岡県北九州市八幡西区に本社を置く、産業用ロボットなどメカトロニクス製品の製造を行うメーカーである。産業用ロボットで世界シェア第4位である。 ウィキペディア
時価総額
8,041 億円

業績