新着Pick
1399Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
プレミアムフライデーどころか、Yahoo!やスタートトゥデイでは六時間勤務が始まってるのに、今後ロボ化AI化で仕事はどんどんなくなる。ほとんどか定年後のサラリーマンみたいな生活になる。そんな時代を先取りしないと精神的にきつくなります。そんなあなたの羅針盤に堀江貴文イノベーション大学校 http://hiu.horiemon.com
毎月最終週の金曜日の午後3時に、社員に退社を促す試み「プレミアムフライデー」、月末に当たると難しいとのご意見もありますが、最終週という方が覚えやすいので、とにかくやってみたらいいと思います。ただ、何もすることが思いつかない人は、これ機に考えるといいと思います。年末の洛星の同窓会で、元検事の玉岡尚志さんが、退職して合気道を始めて、黒帯になったと言っていました。新しいチャレンジ、素晴らしいことだと思います。
地元のまだ入ったことがない店に1人で入っていく…を繰り返せば、十分趣味じゃないか。

※追記
今日も実践しました…。
成功の原因はたくさんあるし偶然性にも支配されます。
それに対し、失敗の原因を究明するのは比較的容易で「客観的な材料」になります。

本稿の著者は、確かに独自の哲学を持った尊敬すべき人生を送っていますが、一つ道を間違えたら出世レースから取り残された「変人」となっていたかもしれません(失礼)。

(佐山先生もよく書かれているように)会社は不条理で、デキる人間が出世するとは限りません。
上司に付いて飲みに行くだけの「無能な人間」が出世する確率はかなり高いです。

逆に、懸命に会社に尽くしても、いいかげんに対応していても、結果が同じというケースも少なからずあります。
(派閥のボスが失脚したとか…その逆だとか)

まあ、サラリーマン人生を続けるのであれば、適度な付き合いも必要でしょうし、同僚を上から目線で見るようなことは避けたほうがいいでしょう。

もちろん、独立するなら、是非とも論者を見習うべきです。
ムダな時間を過ごす必要は全くありません。
仕事が趣味であり生き甲斐であり人生そのものだという人がいます。開業医などその気になれば死ぬまでできる仕事ならそれもありかもしれませんが、サラリーマンでは意図せず職を失う可能性があり危険です。人は役割がなければ健やかに生きていけないので、役割がゼロにならないように工夫する必要があります。言ってみれば役割のポートフォリオを作るということです。

例えば夫、ペットの飼い主、父親、テニススクールのレッスン生、料理教室の生徒、自治会の役員などの役割を複数もち、1つダメになっても他の役割でリカバーできるようにポートフォリオを組んでいれば、大抵のリスクには耐えることができます。逆に言えば1つ1つが最初はそこまで楽しくなくてもトータルで充実すれば良いので、とにかく気楽に役割や居場所を増やし「やってから考える」くらいの姿勢でいれば、自然と自分に合った役割が残っていきます。
残業がゼロになって何をしていいかわからない人は、残業をしていたとしても大した仕事はしていないような気がします。

本当に何をしたいのか思いつかないのであれば、迷わず家に帰って仕事をするか仕事のための勉強でもすれば良いでしょう。

やらされる仕事ではなく、主体的に取り組む仕事はとても面白いものです。下手な遊びやレジャーより、複雑で奥が深くて、知的対象として高位なものです。金銭的対価なぞなくても、十分没頭でき、興奮や達成感を味わうことができますあ
あまりに疲労困憊すると、何にも興味が持てなくなって「趣味」が消滅することがあります。だから、もし趣味ゼロならば、時間のできた金曜日は、早く家に帰ってゆっくりお風呂にはいってダラダラテレビでも見て寝て、まずは体と頭を休めるのがいいと思います。私のつらい経験から申し上げます。

そして、もうひとつ、終身雇用のないアメリカでの経験から申し上げると、こういう時間に社外の人脈やいざとなったら仕事にできるスキルを身につけておくと、中年失業リスクに効果的に対応できます。

仕事人間なら、「これも自分としては仕事の一環」と思えばできるはず。
>平日の出勤前、自宅のある東京・三鷹方面から文字通り走って東京駅前まで出てきたときにはビックリしたことがある。

Google Mapで調べてもうたやん。三鷹駅から東京駅まで20キロ。朝からハーフマラソンの距離を走ってくるとはかなりの強者とみた。

趣味ゼロねぇ、今の自分には全くあてはまりません。やりたいことがたくさんあり、溜まりに溜まった有給を使いたくてストレス感じているくらいです。
「趣味ゼロ」問題は大きな課題。結構多いと思う。個人的に、毎週3連休を意識していた時がある。金曜の夜はできる限りオールで遊んで、土曜の昼には約束を入れる、日曜日は結構ゆっくり過ごすと行った、あたかも3日休みがあるような生活を毎週意識していた時期があった。これはこれで結構ライフワークバランスが良かった気がしている。
「働き方改革は生活改革」でもあるので、この視点は重要です。子育て世代はいいとして、すでに子育てが終った世代で、もはや家庭に居場所のない男性をどうするか?無理に家庭にいようとすると嫌われる人も出そうです。

すでに19時前退社を2007年から実施している大和証券でインタビューした際、「上司はどうしているのか?」と聞いたところ、一人は「毎日ジムにいってマッチョになっています」とのこと。また「勉強する人が増えて、CFPの資格取得者が業界で一番になった」という話も。スポーツ、勉強、などいくらでもやれることはありそうです。

今後は社会人大学院はさらに活況になるでしょう。人生100年、付加価値をつけて「定年」とは関係なく働く時代に向けて。
株式会社電通(でんつう、英語: Dentsu Inc.)は、日本の広告代理店である。 ウィキペディア
時価総額
1.07 兆円

業績