• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

新たな決意

ICCパートナーズ 小林雅のBlog
17
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • ICCパートナーズ株式会社 代表取締役

    「悲しい出来事」に続き「新たな決意」をまとめました。しっかり頑張っていきたいです。


  • SUNDRED株式会社 代表取締役 / パートナー 兼 株式会社HIZZLE ファウンダー / CEO

    ICCが、Co-Creationのコンセプトを全面に打ち出し、「ベンチャー・カンファレンス」にとどまらず、大企業、スタートアップ、研究者等、未来をつくっていこうとしている多くの人をつなぐ場になってきているのは、産業構造や業界、価値連鎖といったものが一層発展していくインターネットの力によって組み替えられようとしている今このタイミングで非常に重要で意味のあることです。また、カンファレンスの内容を質の高い記事として配信し、「メディア」として発展しようとしていることも、より多くの人にCo-Creationの可能性を伝えていくという素晴らしい取り組みだと思います。

    振り返ってみれば、これまでも実装可能なテクノロジーは既にあるのに、企業や人が共創しないために、サービスやソリューションとして不完全なままで普及しなかったり、価値を作り出してこなかったという、歴史があります。また、事業の成長の余地が少ないと言っている一方で、解決されなければならない課題が解決されないまま残されてしまっています。

    このような非効率を最小化し、垣根を無くして、新しい共創の時代を作り上げていくことが小林さんのICCのコンセプトだと思いますし、色々な背景は私には分かりませんが、その志のまま前を向いて進んで頂きたいと思います。


  • WEIN CEO

    約3年ほど前に初めて参加したIVS。インターネット業界の人間ではなかったこともあり、気楽な思いで参加したのですが、参加者および登壇者、セッション、LaunchPad、パーティー、食事、そしてスタッフのホスピタリティ含め本当に細部まで、全てのクオリティーの高さに脱帽したのは記憶に新しい。それを小林雅さんが取り仕切ってたわけですが、参加したことのある人ならだれもが雅さんのIVSにかける想いの強さが伝わったはず。そうした想いの強さ、強烈な光は、時として陰を生むのは、「本気で何かに向かったことのある人」であれば理解できるはず。 そんな雅さんが想いを込めて作り上げたIVSで本当にこのようなことがあったのならさぞ胸を痛めただろうなというのは想像に難くない。
    雅さんが新しく立ち上げたICCも本当に素晴らしいもので、もし本気で大事を成し遂げたいのであれば競争ではなく共創は不可欠。縮小していく日本経済において、この概念は今後最も重要になってくるのは間違いない。
    雅さんの強い想いと不断の努力と支援者の多さからすると、数年後はとても大きな影響を日本経済に与える活動になると私は確信しています。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか