新着Pick

新たな決意

ICCパートナーズ 小林雅のBlog
朝起きてから「悲しい出来事」というブログを書きました。 2016年12月7日の午前に開催されていたインフィニティ・ベンチャーズ・サミット(IVS)のピッチ・コンテスト「Launch Pad」の映像を見ていたときに耳疑うような発言をされていました。とても悲しい気持ちとなり、ICCの活動を支援する皆様に本当に申し訳ない気持ちとなりました。正直な気落ちを「悲しい出来事」にまとめました。 ブログでの...
17Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「悲しい出来事」に続き「新たな決意」をまとめました。しっかり頑張っていきたいです。
ICCが、Co-Creationのコンセプトを全面に打ち出し、「ベンチャー・カンファレンス」にとどまらず、大企業、スタートアップ、研究者等、未来をつくっていこうとしている多くの人をつなぐ場になってきているのは、産業構造や業界、価値連鎖といったものが一層発展していくインターネットの力によって組み替えられようとしている今このタイミングで非常に重要で意味のあることです。また、カンファレンスの内容を質の高い記事として配信し、「メディア」として発展しようとしていることも、より多くの人にCo-Creationの可能性を伝えていくという素晴らしい取り組みだと思います。

振り返ってみれば、これまでも実装可能なテクノロジーは既にあるのに、企業や人が共創しないために、サービスやソリューションとして不完全なままで普及しなかったり、価値を作り出してこなかったという、歴史があります。また、事業の成長の余地が少ないと言っている一方で、解決されなければならない課題が解決されないまま残されてしまっています。

このような非効率を最小化し、垣根を無くして、新しい共創の時代を作り上げていくことが小林さんのICCのコンセプトだと思いますし、色々な背景は私には分かりませんが、その志のまま前を向いて進んで頂きたいと思います。
IVSは近い業種のトップ経営者の先輩からすごく沢山学べたり直接お話しできる場として参加させていただいており、ICCは多用かつ新しいテクノロジーや価値観との交流を通じて気づきがもらえる場として参加させていただいてます。
ここ最近からこういったイベントに参加し始めた新参の私にとっては先入観も少ないためか、全く別の体験のイベントだと思ってます。
あまりカンファレンスとか行かないのですが、ICCとか、なかなか面白そうなコンセプトですね。G1サミットみたいな感じ?