• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

女子高生が「節約できるアプリ」に夢中なワケ

東洋経済オンライン
67
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

選択しているユーザー

  • 通信業 Interaction Design Reseacher

    大変参考になります。


注目のコメント

  • Suzuki no Kei 旅人✴︎YouTube

    その昔バブル崩壊もひと段落し、まだ失われた20年の入り口の時代。

    今では信じられませんが、日本の社会のブーム・ムーブメント、ひいては経済効果は女子高生が作っていました。

    プリクラ、ポケベル、たまごっち、細眉厚底のアムラー、TKカラオケブーム…などなど挙げればきりがありません。
    (90年代後半TK小室哲哉さんのガールズポップの歌詞を今改めて読むと「この街」「時代」というワードが散りばめられています。まさに象徴していますね)

    行き過ぎた時代の主役達女子高生は、モノを手にするため援助交際に走り、さらに「エンコー」とカジュアルに呼ばれ、社会問題にもなりました。

    自分はまさにその真っ只中、団塊Jr.世代。
    昔を礼賛する主義ばかりではありませんが、不景気とは言われ始めた頃でも「自分達が時代を作っているんだ!」という明快かつ痛快な自意識があり、大手を振って街を闊歩出来たのは、やはりダイナミックで素晴らしい時代でした。

    今の女子高生はどうでしょう…?そんな力は流石にありませんよね。
    節約アプリとは、本当に隔世の感を覚える次第です。


  • 下っぱ 下っぱの1人

    でもさ、ポイント貯めるにも時間と労力なワケだからその分バイトして働けばいいじゃん。多分ポイント以上にお金稼げるのでは?
    結局楽な方にシフトしてるだけなんじゃ?


  • エンジニア

    女子高生がiOSアプリのトレンドをある意味握っているともいえるのでこの記事はいいヒントになりますね。
    ただ、東京の女子高生は大変そうというイメージです。うまそうなパンケーキのたぐいがたくさんあってそいつらは基本高い、なのに情報のアンテナがすごいから知ってしまう。お出かけにかかる費用がとんでもない。だから情報源と現実的な費用もマインド管理が重要というわけか。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか