746Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
是非みなさんご利用下さい。zozoさんの「ツケ払い」はGMOペイメントサービスがサポートしています。
人気 Picker
高校生の頃、アメ横でどうしても欲しい服を見つけたけどお金が足りませんでした。店員さんが話しかけてきました。「もし今日お金がないなら、今度持ってきてくれればいいよ、今日どうしてもこれが欲しいんでしょ?」と聞いてくれ、ツケにしてくれました。店員さんのことも、そのお店のことも大好きになりました。自分のような高校生を信じてくれることに優しさを感じました。その後バイト代が入ったらすぐにお金を持っていきました。またそこでも新しいお買い物をしてしまいました。

「ツケといて」って考え方によっては人と人との信頼関係の上で成り立つ優しい商習慣だと思うんです。
つまり貸金業を始めましたって事ね。ユーザのデータを持っているので貸倒れも少なそう。良いビジネスですね。
最大5万4000円を一回だけ使ったとしても、手数料を金利に直すと3.6%になります。
5400円だと、何と36%の高金利。
何度も使うと、大変な高金利になりかねません。

ご利用は計画的に(^o^)
手放しに素晴らしい!とはならずに、「貸金業ですね」というコメントが並ぶあたりがNewsPicksですね。スタートトゥデイさんとしては金利狙いというよりはボーナス払い狙いな気もします。あと、「ZOZO」と「2020」が似てるという指摘は鋭い。スタートトゥデイさんの本社の受付は内線「2020」で呼び出す仕組みだったと思います。
「ツケ払い」というネーミングは秀逸!
人間関係の信頼を元にしたイキな商売を象徴した言葉。
オンラインショッピングが抱える欠点、人間関係が希薄になるって部分が正反対の言葉だけに、面白い。
「ツケ払い」と言われたら、買い手も協力したくなる。
「料金後払い」というより、お金の回収率も高いと思う。
面白い。今、買って支払いは1月。
学生に優しいイメージ。
これは最近流行ってる後払いと呼ばれるもので、通販の決済手段として一般的になりつつあります。うちでは代引きよりも後払いの件数の方が多いです。決済代行が回収リスク取ってくれるし、代引きよりも手数料は安めです。

それよりも、ツケ払いというネーミングにして話題を作るなところがセンス良すぎですね。
結局クレジットを持っていないけれどある程度の買い物が出来る中高生や大学生などの購買をどのくらい促せるかという意味で面白いですね。若いうちに接点を持ったサービスはLTVも高いでしょうし。いかに若者の需要を取り込むかという視点での興味深さを感じます。
新しい。ただ、まだ誰がどんな時に使うのかイメージがわかない。
国内最大級のファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営。受託ショップの売上が中心だが、古着の取り扱いやフリマにも注力。コーディネイトアプリ「WEAR」も世界で展開中。商品取扱高の拡大と利用者数も好調に伸長。
時価総額
1.02 兆円

業績