新着Pick
139Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
JR九州本日上場。
公開価格2,600円に対し初値3,100円。+500円(+19.2%)。
とくに機関投資家の需要が大きかったので初値が公募価格を上回るのは予想通りですが、公開価格ベースの時価総額が4160億円と今年国内最大のIPOにしてはそれなりに値幅をとれたという印象。初値ベースの時価総額は4960億円、予想PERは12.98倍(予想EPS:238.8円)、実績PBRは1.65倍(実績BPS:1,876.72円)、予想配当利回り1.21%(予想1株配当:37.5円)。

JR九州は先に上場した東日本・西日本・東海に続く4社目の上場ですが、これで4社連続で初値が公開価格を上回る結果となり、値幅はまちまちですが負けなしですね。
ちなみにJR東日本、西日本、東海の公開価格と初値は以下の通り。
JR東日本(1993/10上場) 公開価格:38万円 初値:60万円 +22万円(+57.9%)
JR西日本(1996/10上場) 公開価格:35万7,000円 初値:36万円 +3,000円(+0.8%)
JR東海(1997/10上場) 公開価格:38万円 初値:38万5,000円 +5,000円(+1.3%)
ローカル線はやり方次第では再生可能と思う。
どうせなら半分ぐらい海外で売って欲しかった。需要は十分あった
後場に期待して売り損じました(>o<") といっても当たったのは500株ですけど。
神戸大学忽那先生の論文に、上場後の株価推移と、初音公開価格ギャップの差についての記述が。それほどバブル間もないし、順調な推移に期待できる!?
JR北海道は不採算路線をたくさん抱えて赤字が大きい。JR東海とJR西日本はともに儲かるはずの新幹線を持っているが両社は新幹線の客を奪い合っている。JR九州の持つ新幹線は魅力的だが、熊本地震の影響もあったりして、苦戦が懸念されるうえに、JRの新幹線は競合による弊害も大きくて連携が悪い。本当にJRの分割民営化は成功したと言えるのかと感じてしまいます。
初値は公開価格比19%高の3100円。その後3000円まで値を下げ、その周辺で取引が続いている。
ピッタリIPOディスカウント分ぐらいが初値で上昇したことになりますね。
JR九州の多角化手法は地方の活性化にヒントを与えてくれる。駅周辺だけではなく地域全体を開発していく手法が成功していけば、地方全体の活性化につながるため、是非この上場でも成功してほしい
初値から下げていくことは初めからわかっていますよね。とはいえ、みなさん、当たった分は利益確定できたはず。僕も朝から売り切りました。