新着Pick
153Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回の中距離弾道ミサイルムスダンの発射については、幾通りかの見方をしておく必要があるだろう。

1)最も自然な見方は、北朝鮮は当面、中距離弾道ミサイルの信頼性確立のために注力する、というものだ。

9月5日、準中距離弾道ミサイル・ノドン(もしくはスカッドER)の移動式発射装置(TEL)からの同一海域への3発同時発射は、北朝鮮が準中距離弾道ミサイルについて信頼性を獲得したものとみなすことができる。

北朝鮮が、次に中距離弾道ミサイル、そして大陸間弾道ミサイルの実戦配備への歩みを進めていくことは、目下のところ、間違いないところだろう。

2)しかし、政治的な要素を絡めた角度から眺めておくことも必要だ。

北朝鮮は10月10日の朝鮮労働党創立記念日に、たとえば人工衛星打ち上げ名目による大陸間弾道ミサイルの開発実験や核実験を行うと予想され、事実、そこにむけた動きを米国側の監視衛星網にさらしていた。

ところが、米韓合同軍事演習中に核実験やミサイル発射に踏み切ることはなく、演習終了直後にムスダンを発射し、それも失敗とみなされる結果に終わった。

北朝鮮が米韓合同軍事演習中に核実験やミサイル発射を行わなかったのは、一つの要素として韓国国内で北朝鮮への先制攻撃(プリエンプティブ・ストライク)や重要目標への外科手術的攻撃(サージカル・ストライク)を求める声が高まり、あたかも呼応するかのように原子力空母ロナルド・レーガンの打撃群が投入され、しかも中国が黄海への米空母の展開を黙認したこと、11月上旬には国連軍構成国ながら北朝鮮と正式に国交を持つ英国が最新鋭戦闘機ユーロファイターの部隊を韓国に持ち込み、英米韓3カ国による合同軍事演習が予定されていることなど、北朝鮮への軍事制裁の可能性に危機感を抱かざるを得ない動きが見られたことによると受け止めることができる。

合同軍事演習への対抗措置や威嚇のつもりでミサイルを発射したのが、米韓両軍に軍事攻撃とみなされ、反撃されるのだけは避けたいと思うのは当然だろう。

今日のムスダンの発射は、それでも形のうえで米韓合同軍事演習に対抗措置をとったことを北朝鮮の内外に伝える目的だったことは疑いないところだ。
「国連安全保障理事会決議に違反するとして、強く非難した」として、結局、非難しかできないから全然北朝鮮に響かない。

経済制裁もしていますが、やるなら本気で金融封鎖ぐらいしないと効かないだろうと思います。絶対に中国は反対するでしょうけど。
NHKによると、「15日終了したアメリカ軍と韓国軍の合同軍事演習への対抗措置の可能性がある」との事。
「米軍」が強調されているあたりに、「ほらね。米軍が北朝鮮から日本を守ってるんだよ。」という安全保障上のアピールが見え隠れするな。
いずれ中国軍が一時的に北朝鮮を占拠して、金正恩を排除するという話がありますが…どうなんでしょう?
北朝鮮のミサイルの脅威を一番感じているのが中国という理由で。

もしかしたら、まだ「脅威」と認識していないのかもしれません。
★軍事面:
北朝鮮は自らを「戦略的打撃手段」の新たな段階に入ったと位置付けている。
軍事面と経済面をともに発展させるという「並進路線」を進めるなかで、今年になってより軍事的な実験や「人工衛星」を発射を進める。

とくに2000トン級の潜水艦からSLBMの発射は軍事技術の向上を示し、ショッキングであった。さらなる潜水艦の建造も伝えられる。

あまり報道されないが通常兵器の開発も盛んで、ステルス性の高速艦艇の配備もされていると考えられている。これは特殊活動を可能にする。
また新たに原発も昨年から稼働。

これに対し韓国海軍は増強中。また韓米連合師団が2015年に発足。これが北朝鮮をとくに刺激したと思われる。

★外交:
中国は国内問題に忙しいが、北朝鮮とは明らかに距離を置いている。これはロシアも同様で北朝鮮とロシアの関係がよくなる兆しはいまのところない。

オバマ政権は今日のミサイル発射を非難、制裁を強めると意向を示しながら、対話の道は開かれているという硬軟両面の方針。韓国も国連決議に違反していることを根拠に強く非難。

今後:
「制裁せよ」という声は強まるだろうけれど、制裁は経済制裁も含めそれほど有効ではない。また即効性もない。過去のイラクなどの例を考えるとそれは明確。もちろん無意味とは言えない。抜け穴なくどう制裁をするか。

北朝鮮の軍事力の高まりに対して。実際には北朝鮮が第一撃(ファースト・ストライク)を行なった場合に備えるということになるでしょう。
しかし、THAADでは、移動式発射装置からのムスダンすべて撃ち落とすのは難しいと考えられている。

北朝鮮周辺国にはあまり手段がないということは明確。グローバルなセキュリティーが脅かされているという共通認識が構築され、国連事務総長が変われば、大きな動きも作れるだろう。アメリカの弱腰も事態を深刻にしている一因
10月10日に向けて動きがあったのにも関わらず、今になってミサイルが発射。小川さんの解説で理解が深まりました。いつもありがとうございます。

着実に経験を重ねているところが心配ですね。軍事攻撃と実験。その線引きを一応北朝鮮は行なっているのですね。
いずれにせよ、警戒は引き続き必要な動きですね。
ミサイル発射に失敗したと言うことは、北朝鮮がミサイルを正当に制御する能力に欠けていると言うこと。
今後もミサイル発射をやめないであろうと思われる北朝鮮のミサイルが日本国内の何処に堕ちるのか分からない。
もう慣れてしまったよ。

というのが、一番いけないんですけどね。
意図が読めないことが、最も恐ろしいことだと思います。