• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

三菱電機、「深層学習」の設計を自動化。昇降機など自社製品に生かす

34
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


選択しているユーザー

  • 通信業 Interaction Design Reseacher

    いいですね。


注目のコメント

  • 日刊工業新聞社 デジタルメディア局局長

    三菱電機の「情報技術総合研究所」はなかなか面白い。同社の製品やサービスをこれから支えるホットなテーマを扱っている。人工衛星や光通信、セキュリティーなど。
     最近の研究のキーワードは“コンパクトさ”。三菱電機は組み込み機器に強く、機器に搭載できるよう技術を小型化することで、他社と差別化している。自動車やロボットに組み込めるコンパクトなAIは、最新の主な成果の一つ。自動運転の実用化に向け、ディープラーニングを使った不注意運転の検出にも業界で初めて成功した。
     国際標準暗号「ミスティ」は有名だがセキュリティーの研究も強い。最近は、利便性と安全性を両立するクラウド時代の暗号開発でリードしてる。ここでもコンパクト化により、機器への組み込みを狙っている。量子暗号の研究の歴史も長い。
     宇宙の謎に迫る大型望遠鏡や各種衛星、宇宙ステーション向けなど、アンテナの研究開発では国内随一の専門部隊を持っている。
     オープンイノベーションを今後の方向性の一つに掲げているが、比較的保守的な企業体質の中で、かけ声倒れにならないか、という点に注目。


  • 零細 エンジニア

    AIブームのうちにどれだけ伸びて行くか 楽しみです


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか